「5つの自由」を知ってますか?犬と生活するということ

  • ooooops!

「5つの自由」を知ってますか?犬と生活するということ

犬と生活するということ 〜5つの自由〜

最近、初めて犬を飼い始めたという人や、これから犬を飼いたいと思っている人もいるだろう。まず、犬のしつけ本を買って「しつけなきゃ!」と頑張っている人もいるかもしれない。そんな新米飼い主さんに前に知っていただきたいことがある。

まずは、犬という生き物の「本能と習性を理解する努力」をして欲しいのだ。

私は、「犬は犬としての本能と習性があり、それを尊重した上で人間は犬と一緒に暮らさなければならない。」と考えている。なぜなら、人間の生活に「犬」という人間とは別の種の生き物をつれてきたのは他でもない、我々人間であるからだ。それをまず人間が理解するべきだと思うのである。

The Five Freedoms for Animals 〜ペットの5つの自由〜 という言葉を聞いた事があるだろうか。1960年代のイギリスにおいて、劣悪な環境で飼育されていた家畜動物の飼育管理の改善と、家畜の福祉を確保するべきであるという考えから提起されたこの5つの自由は、「人間の飼育下にある動物の福祉の基本」として、現在、国際的に認められている考え方である。ペットと一緒に生活する人は、絶対にこれを頭に入れておいて欲しい。

1.「飢え・渇きからの自由」Freedom from Hunger and Thirst

いつでも新鮮な水を飲むことができ、適切な食事を与えていますか?栄養的にも十分ですか?

2.「不快からの自由」

ペットが生活する場所は、「清潔・快適・安全」ですか?暑さや寒さから守られていますか?動物目線で考えてみましょう。

3.「痛み・負傷・病気からの自由」Freedom from Pain, Injury or Disease

日頃から病気の予防に心がけ、体調の変化などに気づくようにしていますか?

具合が悪い場合は、病院へ連れていき適切な治療をしてあげていますか?

4.「恐怖や抑圧からの自由」Freedom from Fear and Distress

ペットが恐怖や精神的苦痛、不安などストレスや抑圧を受けないようにしていますか?

また、大きな音や家庭内での喧嘩などもストレスの原因になります。不安やストレスを感じさせないよう的確な対応をしましょう。

5.「本来の行動がとれる、表現できる自由」

犬や猫、その動物本来の本能や習性に合った生活、行動ができるようにしていますか?

5つの項目はすべて大切であり、基本的なことである。先にも述べたが、犬は人間とは違った本能、習性をもっている。そこを飼い主である人間は理解し、学習する必要があるのだ。

人間だってきちんとトイレができるようになるまでには数年かかる。それなのに、たった生後数ヶ月の子犬に怒鳴って怒って・・・残念ながら、叩いてしつける人がいる。それは単なる虐待であり、実に恐ろしいことである。人間でもすぐにできないことを犬には求める。それっておかしなことではないだろうか。

犬の本能や習性を理解しようと努力し、それに合った生活を提供しようとすること。それは本当に大切なことなのだ。そして、これから犬との素敵な信頼関係を築いていくためにも、以前紹介した「よりそイズムって知ってる?「よりそイズム」で犬も人間もハッピーになろう!」(https://petomorrow.jp/news_dog/80374)を是非読んで欲しい。

文/織田 浩次

参考資料/

環境省「5つの自由」のこと

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

愛犬と行けるランチスポット「ビーチサイドカフェ鴨川」 (11.30)

大雨の結婚式に現れた泥だらけの野良犬 (11.30)

犬のジャンプ力にただ驚かされる映像を入手! (11.30)

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その9 (11.30)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る