TOP>連載 > 里親に見放された肥満犬、体重半分のダイエットに成功!
  • 連載

里親に見放された肥満犬、体重半分のダイエットに成功!

里親さんから見放され、太りすぎて動くこともままならなかったミックス犬のオパール。彼女が体重の半分以上の減量に成功し、幸せをつかんだシンデレラストーリーをご紹介します。

階段を2段上がることすらできなかったのに…

2017年8月、11才のオパールは地元のシェルターからアメリカ・ロサンゼルスの動物福祉施設「ベスト・フレンズ・アニマル・ソサエティ」に移送されてきました。オパールは、チワワの血が入ったミックス犬です。チワワといえば、誰もが「小さくて華奢」な姿を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、当時のオパールは、体重約12キロ。チワワ以外のわんこの血も引いているとはいえ、オパールの身体の大きさや骨格であれば適正体重はその半分ほどだとのこと…。完全な肥満だったのです。

2018年2月、オパールは「ベスト・フレンズ・アニマル・ソサエティ」で犬の行動療法を専門とする獣医師のリア・リンダムードさんと出会い、ダイエットに取り組みます。リアさんは当時を振り返り、「オパールは、階段を2段上がることすらできませんでした。よたよた歩き、うろうろするオパールを見ているのはすごくつらかったです」と語っています。余分な脂肪が邪魔をして、家具に飛び乗ったり、普通に座ったりということもできなかったそうです。

オパールがなぜ適正体重の2倍もの体重になってしまったのか。それは、人間の食べ物に対して固執していたオパールを里親さんが止められなかったからです。「オパールは人の食べ物を見ると、吠えてもう大変なことになります。だから里親たちは欲しがるままに食べ物をあげてしまっていたんでしょうね」とリアさん。過去にも犬のダイエットを成功させたリアさんはオパールを家で預かり、徹底的な食事管理を始めました。当然、人間の食べ物は禁止。高たんぱく、低脂肪、低カロリーの犬用ダイエット食を与えました。幸いにも、オパールは食べること自体が大好きなため、犬用のダイエット食も喜んで食べたといいます。「オパールは、目の前に出されたものなら、なんでもよく食べるんです。体重はゆっくりでしたが確実に落ちていきました」。

ダイエット開始から約1年。オパールは体重の半分以上の6.3キロの減量に成功しました。ダイエット食は続けていますが、3週間に1度、鶏肉またはガムのご褒美ももらっています。スリムになったことでお散歩に行けるようになり、運動量も大幅にアップ♪

オパールは痩せて健康を取り戻すまでリアさんの家に滞在する予定でしたが、そのままリアさんに引き取られて幸せに暮らしています。「オパールは痩せて、すごくハッピーみたいです。喜びや大好きっていう気持ちを表現してくれるんですよ」。リアさんと暮らしていれば、“リバウンド”の心配もなさそうですね!

文/賀来比呂美

参考/https://people.com/pets/dog-loses-14-pounds-boot-camp-diet-exercise/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

  • 連載

犬との共生で子供の免疫力がアップする? (10.14)

  • 連載

愛犬と行くGO TO TRAVELキャンペーン記事第一弾 ルシアン旧軽井沢編【わんこと行く... (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る