TOP>連載 > もしかして、ボケがはじまった? 【犬猫家族】

  • 連載

もしかして、ボケがはじまった? 【犬猫家族】

石黒由紀子の犬猫家族

~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.57

先日、携帯に一通のメールがありました。我が家の愛犬•センパイ(13歳、豆柴のメス)と同胎のお兄ちゃん犬、麻呂くんのおかあさんからです。

 10年ほど前、センパイが新聞に出たときに、偶然にも麻呂くんのおとうさんが記事を見つけてくれて「麻呂にそっくり! もしかして兄妹では?」と、新聞社にファックスを送ってくださったのです。それがきっかけで、犬親戚としてお付き合いがはじまりました。

 その後、麻呂くんのお兄さん(人間)と私たち夫婦に共通の友人がいることがわかり、親しみがますます増した間柄。

 麻呂くんは、体躯がセンパイよりひとまわり大きいのですが、それ以外、2匹はとてもよく似ているのです。散歩嫌いで家でのんびりしているのが好き、おっとりした食いしん坊……。性格までそっくり。

「最近は、脚が弱ってきて、後ろ脚の踏ん張りが利かなくなってきて心配です。センパイちゃんはいかがですか」、メールにはそう書いてありました。やはり老化が気になっている様子。「実は我が家も気になることがありました」と、早速、返事をしました。

 メールがある3日前のこと。センパイが夜中に突然起き出し、騒ぎはじめたのです。

我が家は毎朝、6時にセンパイがオットを起こし、その気配でコウハイも起きて、2匹の朝食をオットが準備をする、という運びです。

 その「朝ごはんの時間よ!」とオットを起こすようなテンションで、肩をチョンチョンと軽く叩くことからはじまり、ドスン! 身体に乗ってみたり。顔を舐めたり。

 たまらずライトを付けて時計を見たら午前3時30分。センパイは「至極当たり前」とオットを起こし続けているのです。「センパイ、今は3時30分だよ。外を見て、こんなに真っ暗。いつも朝ごはんは6時でしょ。まだ2時間半もあるよ。もう一度寝よう」なかなかおさまらないので、私も起き出してセンパイを抱っこして落ちつかせ、言い聞かせました。

 センパイは不満そう。でもそれ以上構っても仕方がないので、無視を決め込み、気がついたらセンパイも眠っていました。そしてふたたび6時きっかりにオットを起こして、めでたく朝ごはんとなり、いつもの朝がはじまって……

 こ、これは何だったのでしょうか。もしかして、ボケがはじまった? それには少しは早すぎるような気もするけれど。コウハイ(8歳•雑種猫のオス)になにかと刺激をもらっているとはいえ、きっと犬の中でもぼんやり暮らしている(と思われる)センパイです。人気のテレビ番組『チコちゃんに叱られる!』(NHK)だったら、間違いなくチコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と言われるタイプ。ぼんやりと昼寝ばかりしていたことがボケる原因だったのかちら……。この先の介護生活もあれこれ想像したりして、胆が冷えました。

 翌日も戦々恐々としていましたが、明け方3時30分に起こされることはなく、それ以降もいつも通りの6時起床が続いています。

 私はそのことを麻呂くんのおかあさんに訴えたのです。そうしたらお返事をいただきました「麻呂は、散歩から帰って来て、うっかり我が家を通り過ぎることがあります」。えぇ~! これは兄妹揃って……。加齢によりボケたとよいうより、天然なのかもしれません。お互いの愛犬について、あれこれ報告し合ってひと安心。誕生日が一緒の兄犬がいてくれて、そして、両家で情報交換をすることができて、センパイ(というより私)はしあわせです。

 これからは寒さも本番になるので、麻呂くんでなくても、脚を意識して暮らすのが大切ですね。以前、センパイも関節が固くなって動きにくくなったことがありましたが、それも急に冷え込んできた頃でした。もともと眠ることが大好きなセンパイ(と、麻呂くん)ですが、ずっと眠ったままにしないで、ときには起こして家の中を歩かせたり、ボールを投げて遊んだりすることが大切なんだと思いました。それが、脚関節の状態をよく保つことにつながり、精神の刺激にもなるような気します。

 思い起こすと、3時半に起こされたときは、夕方の散歩から戻ったセンパイ、しばらくしたら眠りはじめて、それからずっと眠っていました。いつもなら私たちの食事に合わせて起き出しては「なんかちょうだい」とねだったりしてひと騒ぎ。センパイとコウハイにとっては「お夜食タイム」となるのですが、それもなく。だから、明け方2時間以上も早く目覚めてしまったのかも。なーんて、自分を安心させたい理由づけ?

寒い日の散歩では、脚を震えさせていることもあるセンパイ。昨冬まではないことでした。冬といえば、毎年「コウハイが尿路結石を再発させないように、冷えないように」と、そればかりを気にかけていましたが、13歳犬の寒さ対策も考えなくてはなりません。「犬は寒さに強い」を思っていましたが、それは若い犬たちのことなのでした。

今年もカレンダーができました。好評発売中です!

センパイコウハイカレンダー2019 ¥1,100(税込み) 送料別

くわしくはこちらから
https://seemoreglass.theshop.jp/items/8765389

石黒由紀子(いしぐろ・ゆきこ)

エッセイスト。栃木県生まれ。日々の中にある小さなしあわせを綴るほか、女性誌や愛犬誌、webに犬と猫との暮らし、グッズや本のリコメンドを執筆。著書に『GOOD DOG BOOK~ゆるゆる犬暮らし~』(文藝春秋)、『なにせ好きなものですから』(学研)、『さんぽ、しあわせ』(マイナビ)など。『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』『犬猫姉弟センパイとコウハイ』『しあわせ4コマ豆柴センパイと捨て猫コウハイ』(ともに幻冬舎)は、幅広い支持を受けロングテールで人気。近著は『猫は、うれしかったことしか覚えていない』(幻冬舎)

◆石黒由紀子HP
http://www.blueorange.co.jp/yuruyuru/index.htm

◆石黒由紀子instagram
https://www.instagram.com/yukiko_ishiguro_/

◆石黒由紀子Twitter
https://twitter.com/yukikoishiguro

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

息子達と気晴らしお出かけ。 (7.25)

  • 連載

センパイ、血液検査の結果に【犬猫家族】 (6.7)

  • 連載

こどもの日に思ったこと。 (5.31)

  • 連載

春の憂鬱【犬猫家族】 (5.2)

  • 連載

留守番のとき何してる? 【犬猫家族 番外編】 (4.15)

  • 連載

彼を父親にしてくれたのは息子たち (4.8)

  • 連載

マリアとララのインターペット訪問記 ホンダアクセス & FCA編【青山尚暉のわん... (3.29)

  • 連載

マリアとララのインターペット訪問記 ボルボ編【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】 (3.29)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る