TOP>連載 > 【ペットのがん治療】動物はなぜ「がん」になるのか?
  • 連載

【ペットのがん治療】動物はなぜ「がん」になるのか?

いっぽう、山極らの発表に先立つ1911年、ニューヨークのベイトン・ラウスと京都大学の教授の藤浪鑑(ふじなみあきら)がニワトリに肉腫を起こすウイルスを発見しました(図2)。これが最初の「がんウイルス」です。現在では、ヒト、動物で様々ながんウイルスが発見されています。ヒトでは、ヒトエイズウイルス(HIV)が有名です。猫では、猫白血病ウイルス(FeLV)、猫エイズウイルス(FIV)、パピローマウイルスなどがあります。

02
図2.ウイルスによる発がん

図3に1996年にハーバード大学で調査されたヒトにおけるがんになる原因の円グラフを示しました。このグラフでわかるように、がんになる原因としてタバコ(30%)、食事(30%)が全体の6割を占めています。動物の場合、タバコは吸いませんが、飼い主がタバコを吸う影響は無視できないでしょう(実際に飼い主がタバコを吸っている猫は白血病にかかりやすいとの報告があります)。このようなデータが公表されたため、米国では急速にタバコを吸う人口が減少しました。

日本においても、米国よりやや遅れてタバコを吸う人口が減少してきています。それに伴い、肺がんの発生率も減少しています。なぜタバコはがんの原因になるのでしょか?それはタバコの煙の中には50種類以上の発がん物質が含まれており、さらに発がん誘発物質も含まれているからです(図4)。まさに「百害あって一理なし」ですね。図5、6に私たちの身の回りにある発がん物質、発がん誘発物質を示しました。

03
図3.がんになる要因

04
図4.たばこの煙でがんは作れる

05
図5.身の回りにある発がん物質

06
図6.身の回りにある発がん誘発物質

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

褒められて伸びるタイプです 【犬猫家族】 (2.22)

  • 連載

里親に見放された肥満犬、体重半分のダイエットに成功! (1.22)

  • 連載

トイレが多いコウハイ 【犬猫家族】 (1.17)

  • 連載

ゲバラのバースデー旅行、そして初詣へ (1.16)

  • 連載

もしかして、ボケがはじまった? 【犬猫家族】 (12.17)

  • 連載

エリザベスカラーを装着したけど…【犬猫家族】 (11.21)

  • 連載

末っ子カリドと母子の旅へ【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編25)】 (11.12)

  • 連載

ハロウィン。【まう助日記】 (10.31)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る