TOP>連載 > ペットの一生について、ふと……【犬猫家族】

  • 連載

ペットの一生について、ふと……【犬猫家族】

石黒由紀子の犬猫家族

~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.52

ご長寿ペットを見送った方々のおはなしを、1冊の本にまとめる作業をしています。以前から親しかった人、最近知り合った人、友人の知人、いろいろな人をお訪ねし、長年ともに暮らした犬や猫とのことを聞いて……。それぞれにたくさんの思い出を話してくださり、とても貴重な時間を重ねています。 20年前後の出来事すべてを伺うことは無理ですが、印象に残っていることや、苦労したこと、楽しかったエピソードは、飼い主さんにとってどれもつい昨日のことのよう。私にも鮮明に見えてくるようです。

食いしん坊が短所だと思っていたけれど、食いしん坊だったからこそ最期まで生きる気力を失わなかった犬。晩年、おしっこを失敗したので、紙パンツを穿かせたら動かなくなってしまったプライドの高い猫。ペットの個性を飼い主はちゃんと理解し、受け入れ、温かく支え、見守っている。すばらしいことだとあたらめて思いました。

お話を伺っていると、ペットを通して飼い主さんのお人柄が見えてくるようです。そして、飼い主とペットはどこか似ているところにも気がつきました。ペットが飼い主に似るのか、飼い主がペットに似るのか。ペットは飼い主の鑑……。

そんなことを考えていたとき、ある本に出会いました『Hello Again  またあうときの約束』(マガジンハウス)。

著者はイワサキユキオさんです。イワサキさんにはお世話になったことがありました。あれは確か7年前のこと。イワサキさんは、CM製作のお仕事をされていて、ノミやマダニなどを駆除するペット用薬品のCMに、センパイを誘ってくださったのです。知り合いのお店で1度だけお会いしたのを覚えていてくださって。

私はイワサキさんの最初の著書『Say Hello! あのこによろしく』を持っています。改めて本棚から出してみて見ると、出版は2004年。もうそんなに経つのですね! イワサキさんの愛犬・ルーシー(ジャック・ラッセル・テリア)が出産し、仔犬たちが育っていく様子を綴った本で、それはもうため息がでるかわいさ。私は何度眺めたことでしょう。

今回の本は、前回のを再編集し、ルーシーと子どもたちのその後がプラスされたもの。情緒あふれる美しい写真と、イワサキさんのお人柄を思わせるやさしい文章で構成されたかわいい1冊。てのひらに乗るサイズで、まるでルーシーが生んだ仔犬たちを手に乗せているかのようです。

前作の冒頭、ルーシーは2歳で出産しています。ということは、ルーシーは16歳か17歳になっているはず。仔犬だった娘たちは14歳かな。みんなどうしているのでしょうか。生まれたときに「ニコ」と呼ばれていた子は「ブイヨン」に、「サンコ」は「むらさき」という名前になり、新しい家族のもとに。「ヨンコ」は、「ハンナ」という名前になり、ルーシーかあさんと一緒に暮らしていました(つまり、イワサキさんとも一緒です)。みんなしあわせ。ページをめくりながら思いました。ルーシーとハンナとイワサキさんは似ている。姿や顔が、というより、空気感が一緒。

『Hello Again  またあうときの約束』の中に、ルーシーと娘たちの日々が詰まっています。命の重さ、はかなさも教えてくれます。とはいえ、それが重たすぎず、読後、おだやかで温かな気持ちにさせてくれるは、それもまた、ルーシーとハンナとイワサキさんが醸し出すおっとりとしたやさしさゆえ。

我が家のセンパイ(豆柴のメス)は夏が終わる頃には13歳になります。「シニア犬」と呼ばれる年頃ですよね。目下、私の目標はセンパイが元気で長生きしてくれること。ペットと暮らしている方なら、みな同じ気持ちだと思います。綴られているルーシーの闘病のところを心に留めて、少しずつ気持ちを備えていこうと思います。

「ピンピンコロリ」とよく言いますが、できることなら死ぬまで健康でいてほしい。痛いところや苦しいことがなく、おだやかな日々を重ねてほしいのです。

犬の平均寿命は犬種によって異なりますが、だいたい14歳くらい。長いようで短く、短いようで長い。仔犬時代の、ピカピカで元気な姿が続くような気がしていても、1日1日は確実に過ぎ、気がつけば、飼い主より犬のほうが先に老いていくのです。だからこそ、人はどうぶつをペットとして飼うことができる。ペットたちの最期を見送ることはつらいけど、そこを乗り越えてまた「見えて来るものがある」と、イワサキさんに教えていただいたような気がします。ペットが見せてくれる姿から、学ぶことは多いですね。

明日はきっと来るけれど、今日と同じ明日ではない。なにげない日々の中に、しあわせはある。だからこそ、これからも1日1日を大切に。『Hello Again  またあうときの約束』を読んで学んだこと、忘れないようにしないとね。私自身も健康で、深くやさしく、センパイとコウハイと見守っていかなくちゃ。

『Hello Again  またあうときの約束』

 https://www.amazon.co.jp/gp/product/4838728360/

石黒由紀子(いしぐろ・ゆきこ)

エッセイスト。栃木県生まれ。日々の中にある小さなしあわせを綴るほか、女性誌や愛犬誌、webに犬と猫との暮らし、グッズや本のリコメンドを執筆。著書に『GOOD DOG BOOK~ゆるゆる犬暮らし~』(文藝春秋)、『なにせ好きなものですから』(学研)、『さんぽ、しあわせ』(マイナビ)など。『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』『犬猫姉弟センパイとコウハイ』『しあわせ4コマ豆柴センパイと捨て猫コウハイ』(ともに幻冬舎)は、幅広い支持を受けロングテールで人気。近著は『猫は、うれしかったことしか覚えていない』(幻冬舎)

◆石黒由紀子HP
http://www.blueorange.co.jp/yuruyuru/index.htm

◆石黒由紀子instagram
https://www.instagram.com/yukiko_ishiguro_/

◆石黒由紀子Twitter
https://twitter.com/yukikoishiguro

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】マツダ・アテンザワゴン (7.17)

  • 連載

ボルボ『XC40』で行くレジーナリゾート鴨川 後編【わんこと行くクルマ旅】 (7.11)

  • 連載

新しい家族と新たな旅の始まり【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編21)】 (7.10)

  • 連載

ペットの一生について、ふと……【犬猫家族】 (7.9)

  • 連載

晴れた日の散歩。【まう助日記】 (7.6)

  • 連載

【今月のドッグフレンドリー・カー】三菱エクリプスクロス (7.5)

  • 連載

ボルボ『XC40』で行くレジーナリゾート鴨川 中編【わんこと行くクルマ旅】 (7.3)

  • 連載

ボルボ『XC40』で行くレジーナリゾート鴨川 前編【わんこと行くクルマ旅 (7.1)

もっと見る

注目のグッズ

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る