TOP>連載 > 続・たいちゃんがやってきた!【犬猫家族】

  • 連載

続・たいちゃんがやってきた!【犬猫家族】

石黒由紀子の犬猫家族

~豆柴センパイと捨て猫コウハイと一緒に~ vol.50

以前にも書いた、友人の飼い猫・たいちゃん(永遠の里親募集中)。先日、3度目のホームスティにやってきました。最初のホームスティは1年半前、たいちゃんが生後約6ヶ月のとき(路上で弱っていたのを保護したため、性格な年齢は不明)。海外出張に出ることになった友人が「やんちゃで遊びたい盛りの仔猫を、ペットホテルに預けてケージの中で過ごさせるのは……」ということで、私が預かることになったのでした。そのときの滞在は1週間ちょっと。野良猫だったときに、カラスにでも襲われたのか、たいちゃんは片目が見えません。けれど、それをこちらが忘れてしまうくらい元気で、明るいエネルギーのかたまりのようなたいちゃんでした。

仔猫らしい無邪気さを発揮し、センパイには「おばちゃん、あそぼー!」、コウハイには「ねーねー、ぼくのこと、追いかけてね!」と積極的にアプローチ。はじめは戸惑っていた我が家の犬猫たちも、次第にペースに巻き込まれていったのでした。

そして、次はたいちゃんが1歳2ヶ月(推定)のとき。少しオトナになったものの、まだまだやんちゃんな少年猫で、数日はソファやベッドの下を基地として過ごし、ときどき出てきては、家の中の様子をみたり、センパイやコウハイに話しかけたり……。序々に調子が出て、コウハイとも追いかけっこをして遊び、みんなでおやつを食べたりして「やっと慣れたね~」というところでさよならに……。

それから約1年。三たび、たいちゃんがやってきたのです。もうすぐ2歳、立派な成猫となり、体重も5キロ越え。にゃんとコウハイより大きく育っていました。

センパイとコウハイは、はっきりとたいちゃんを覚えているようです。「あ! もしかして……?」とコウハイはたいちゃんのケージの匂いを嗅いで「やっぱり~!」もう、今すぐにでも遊びたそうにしていますが、たいちゃんはちょっとドギマギ。ささっとソファの下に隠れて、しばらくは心もクローズド。

しかし、食事のときはちゃんとリビングに登場し、みんなと並んでよく食べました。そして翌朝。私は、コウハイのトイレに大きなうんちがあるのを発見して驚きました。「気まぐれで、センパイがコウハイのトイレでしたのかな(今までにそんなことは一度もないけれど)。我が家では見たこともないくらい大きくて立派。それとも、もしかして……? おおきなうんちの主はたいちゃんでした。さすがだなぁ!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る