TOP>連載 > インターペット2018「ボルボ」ブース【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】
  • 連載

インターペット2018「ボルボ」ブース【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】

インターペット2018「ボルボ」ブース
【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】

第8回 「Interpets~人とペットの豊かな暮らしフェア」が東京ビッグサイトで3月30日~4月1の期間、開催されました。今年は世界22カ国、地域から503社が出展。実施フロア面積も昨年の1・6倍に拡大。1~3ホール、および4ホールを使った過去最大規模での開催です。

その「Interpets~人とペットの豊かな暮らしフェア」には国内外の自動車メーカーが出展していましたが、中でも大いに盛り上がっていたのが、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボのブース。何しろ展示されていた1台、XC60は自称自動車評論犬!?のマリアも認めるドッグフレンドリーSUVにして、パパが選考委員を務めさせてもらっている日本カー・オブ・ザ・イヤー(2017-2018)受賞に続き、「Interpets~人とペットの豊かな暮らしフェア」の初日(ビジネスディ)の3月29日にワールド・カー・オブ・ザ・イヤーまでもを受賞した、まさに時のクルマ、栄えあるクルマなんです。


世界のカー・オブ・ザ・イヤー総なめのXC60

XC60はスカンジナビアデザインを極めたハイセンスなデザイン、快適性、走破性能、使い勝手の良さはもちろん、世界最先端の先進安全運転支援機能をフル装備。その安全性能は世界トップレベルなのですから、“わんこと行くクルマ旅”も安心安全。しかも、前席にもマッサージ機能が備わり、半自動運転機能と合わせ、長距離・長時間のドライブも疲れ知らず。実際、パパが東京~伊豆河津、軽井沢を運転し、ほぼノンストップで往復しましたが、クルマの基本性能の高さや無類の安心感もあって、帰ってきてすぐにPETomorrowの記事をガンガン、スイスイ書けたほど、疲れなかったんだって。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】年末のニクの日と初詣。 (1.23)

  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る