TOP>連載 > 【Dr.古江のお悩み相談室】こんな症状が見られたら「熱中症」
  • 連載

【Dr.古江のお悩み相談室】こんな症状が見られたら「熱中症」

f02

暑くて寝苦しい日が続きますね。今回は、今の時期に多い「熱中症」についてです。熱中症の患者さんの飼い主さんが良く言われるのが、「気をつけていたつもりだったのに・・・」と言う言葉です。最近では気温22℃、湿度が60%を超えると熱中症のリスクが高まるといわれています。気をつけていてもなってしまうことがある熱中症、原因と対策についてお話したいと思います。

犬は全身を毛で覆われている為に、基本的に暑さには弱く、寒さには強い動物です。猫はもともと砂漠地帯の動物なので、犬よりも暑さには強いと言われていますが・・・夏のニャンコは伸びていますよね。あれは表面積を増やして、冷たい地面と接することで体を冷やしているのです。暑さに強いといえどもやっぱり暑いのには変わりありません。

暑いと人間は汗をかくことによって体温を下げます。犬や猫は人と同じようなサラサラの汗をかくのは足の裏や、鼻先の一部だけなんです。ではどうやって体温を下げているかと言うと、パンティング(あえぎ呼吸) と呼ばれる口を開けてハァハァする呼吸によって唾液を蒸散させる事で、気化熱を利用して体内の温度を下げています。体を舐める事でも体温を下げていますが、これも原理は気化熱です。

この気化熱が利用しにくい状態になると、なかなか体温が下げられないことになります。外気温が高い状態はもちろんですが、湿度が高くても唾液が蒸散しにくい状態になります。しかもパンティング行為自体が筋肉の収縮を伴う運動行為のため、体としては熱が産生されてしまいます。つまりパンティングは体温を上昇させながら体温を下げるという、あまり効率が良くない体温調節方法なんですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

センパイ、血液検査の結果に【犬猫家族】 (6.7)

  • 連載

こどもの日に思ったこと。 (5.31)

  • 連載

春の憂鬱【犬猫家族】 (5.2)

  • 連載

留守番のとき何してる? 【犬猫家族 番外編】 (4.15)

  • 連載

彼を父親にしてくれたのは息子たち (4.8)

  • 連載

マリアとララのインターペット訪問記 ホンダアクセス & FCA編【青山尚暉のわん... (3.29)

  • 連載

マリアとララのインターペット訪問記 ボルボ編【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】 (3.29)

  • 連載

まだ浅い春の日に 【犬猫家族】 (3.24)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る