TOP>連載 > 屋外で飼いますか?室内で飼いますか?【わんこの処方箋】
  • 連載

屋外で飼いますか?室内で飼いますか?【わんこの処方箋】

放し飼い防止は法律で決まってる!

IMG_8936

いずれにせよ、激しく運動しても外れないように、きっちり首輪をつけるのは当然のことです。これだってちゃんと法律で決まっているんです。「犬及びねこの飼養及び保管に関する基準」の第三の危害防止のところに、1、放し飼い防止、2、脱出防止、3、繋留、ってのがあって、放し飼いしちゃいけません、脱出しないようにしなきゃいけません、つないである犬の行動範囲が道路や通路に接しないようにしなければいけません、って書いてあるんです。これらを守らないとワンちゃんも危ないのです。

次に室内犬や子犬に関してですが、そんな子たちには、サークルやクレートを用意してあげるのが良いでしょう。サークルとは、昔風には「オリ」ですが、プラスチック製、木製、や鉄製ものがあります。折り畳みもできるし、軽いものなら持ち運びもできる便利な物で、いまどきはペットショップ、ホームセンター、インターネットなどで売っているので、比較的簡単に入手可能です。

大きさは犬のサイズにもよりますが、小型犬で畳2畳分がベストでしょう。それをまずは部屋の中の静かな場所、人間が生活していて邪魔にならない所に設置します。やはり通気性の良い場所がいいですね。

そしてクレート。耳慣れない人もいるかもしれませんが、これは欧米では常識的な犬の寝床である。クレートを一言でいうと適度な時間、安全に入っていられる寝室を意味する。(プラスチック製のキャリーみたいなやつです)

犬は元々穴を掘って生活していた動物なので、穴蔵のような場所が落ち着くと言われているのです。その中にお布団やクッションみたいなものを入れてあげれば良いでしょう。おすすめの大きさは、大人になった時(成犬)の大きさを考えて購入すると何度も買い換えないで良いので経済的です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】年末のニクの日と初詣。 (1.23)

  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る