TOP>連載 > スコティッシュフォールドに多い「骨軟骨異形成」とは?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

スコティッシュフォールドに多い「骨軟骨異形成」とは?【Dr.古江のお悩み相談室】

Scottish fold

 

最近は空前の猫ブームと言われていますね。純血種ではマンチカン、スコティッシュフォールド、ラグドールが人気トップ3を占めていますが、スコティッシュフォールドに多い骨軟骨異形成を知っていますか?

骨軟骨異形成とは簡単に言ってしまうと骨が正常に成長しない病気のことです。特定の品種に多いのは、骨軟骨異形成による体の特徴をもとにその品種が生み出されてきたことが原因の遺伝性の疾患だからなんですね。では骨軟骨異形成の品種ってどういうものでしょうか?

まずは鼻がペチャっとした猫種。ペルシャやエキゾチックショートヘアー、ヒマラヤンなどが該当します。この鼻ぺちゃの品種は「軟骨形成不全」という異常によって鼻がしっかり成長せずにペチャっとしているのが特徴です。

次に耳折れや短足の猫。スコティッシュフォールドやアメリカンカール、マンチカンなどが該当します。これらの猫種は「軟骨異形成」によって作り出されています。軟骨が正常に成長しないことで耳が折れたり、足が短くなったりしているんですね。軟骨というのは骨のある場所であれば全身いろんなところに存在するので、耳や足だけではなく、他の軟骨も成長不良をおこすことがあるのが知られています。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

天国の父・宍戸錠、愛犬達が私や息子達を守ってくれています。 (7.16)

  • 連載

父・宍戸錠と愛犬たちの思い出 (6.11)

  • 連載

ゲバラのバースデー旅行。 (12.28)

  • 連載

センパイは14歳、コウハイは9歳になりました。【犬猫家族】 (12.8)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る