TOP>連載 > ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う?
  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う?

トイプードルは毛の色で性格が違う?

プードルの歴史は大変長く、先祖はヨーロッパから伝わっています。かつては水鳥の猟犬として活躍していました。現在はおしゃれとして定着しているふわふわの毛は、もとは水に入ることでの心臓の負担を減らすためだったそうです。

そんな愛らしい毛並みと聡明さから、高い人気を集めるトイプードル。実は毛の色で性格が違うのをご存知ですか…? トイプードルを飼っている方も、これから家族として迎える方もこの記事を参考にしてみてくださいね。

トイプードルの基本的な性格と特徴

トイプードルは社交的で人間が大好きな犬種です。また、学習能力が高いことからサーカスなどで活躍するわんことして親しまれてきました。飼い主さんへの愛情も深く、しつけもしやすいことでも知られています。ふわふわの毛質は、抜け毛もほとんどありません。トリミング次第で、さまざまなスタイルができるのも人気の理由です。

トイプードルの毛色別性格チェック


アプリコットやレッド系のカラー
ぬいぐるみのように愛らしい印象を思わせるアプリコットカラーのトイプードル。性格は元気で活発。天真爛漫でかわいい性格のトイプードルです。しかし、ちょっと人見知りな一面も…。そう考えると多頭飼いにはあまり向いていないかもしれません。また、大人になってから毛質の色が薄くなる傾向もあります。これはアプリコット系の遺伝子が安定していないことが原因と言えます。


ホワイト系のカラー
18世紀のフランス、貴族の間で親しまれたカラーです。性格は、大人しくとても落ち着いています。頭が良く、トレーニングもしやすいと言われています。毛質の特徴としては、毛量が少なく、汚れが目立ちやすいです。こまめにお手入れをしてあげましょう。気品漂う純白のホワイトカラーは素敵ですよ。


ブラック系のトイプードル
先祖である猟犬として活躍していたカラーです。ヨーロッパで高い人気を集めていたとも言われています。ホワイト同様に、賢く控えめでとても落ち着いた性格の持ち主。また、運動能力も高く骨がしっかりしているのも特徴です。忠誠心が強く、初めてわんこを家族として迎える方には、ぴったりかもしれません。


ブラウン系のトイプードル
マイペースで穏やかな性格をしているブラウン系のトイプードル。とても活発で、元気いっぱいです。しかし人見知りの傾向が強く、協調性に少し欠ける部分も。毛質は硬く、美しい毛並みを持つ子としても人気のカラーです。色素はうすいので、年齢を重ねることで白っぽく変化する傾向もあります。

そのほか、オスとメスでも少しずつ性格が違ってきます。

オス
子どもの頃は、好奇心が強くとても活動的。人間慣れしている子は、特に人と遊ぶことが大好きです。まさに“やんちゃな子ども”、という表現がしっくりくるでしょう。そんなおちゃめ一面は、実は子どものうちだけ。成長とともに、少しずつ落ち着いてくると言われています。

メス
飼い主をよく観察し、甘え上手に接してくれるのがメスのトイプードル。オスよりも感情表現が豊かで、キュートな印象を与えることでしょう。トイプードルならではの賢さを発揮し老若男女、人を選ばずフレンドリーに接してくれるはずです。

毛の色で性格が違うなんて、ちょっとおもしろいお話ですよね。しかし、わんこの性格は何よりも育った環境がもっとも大きく影響することを忘れずに! わんことの以心伝心への近道は、飼い主さんからの愛情です。毎日をより楽しくわんこと過ごすためにも、たっぷり愛情をかけてあげてくださいね。

文/オオトリサキ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

  • 連載

犬との共生で子供の免疫力がアップする? (10.14)

  • 連載

愛犬と行くGO TO TRAVELキャンペーン記事第一弾 ルシアン旧軽井沢編【わんこと行く... (9.20)

  • 連載

天国の父・宍戸錠、愛犬達が私や息子達を守ってくれています。 (7.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る