TOP>連載 > 【ペットのがん治療】がんになるとなぜ死ぬのか?
  • 連載

【ペットのがん治療】がんになるとなぜ死ぬのか?

がん細胞が転移をするとは?

がん細胞が転移するとは、どういうことでしょうか。図3にその流れを示しました。すなわち、がん細胞が最初に発生した部位(原発巣)からはなれ、血管、リンパ管の内部に侵入します(この状態を病理組織学的には「脈管浸潤あり」といいます)。そうすると、血液やリンパ液の流れにのって体内を移動します。そしてどこかの臓器に付着し、そこで再び増殖し塊をつくります。これが「転移」ということです。

ヒトの乳がん細胞の場合、いったん血液中にがん細胞が侵入すると、約30年間血液中を循環していると言われています。したがって、約30年間再発の危険性があるということになります。動物の場合も同様のことが考えられます。

o03
図3.がん細胞の転移とは?

がんの発生頻度は?

図4に日本人の年齢とがん死亡率のグラフを示しました。50代くらいから急激にがんで死亡する人が増加してきます。

o04
図4.年齢と死亡数の関係

動物の場合、以前は7歳頃からがんの発生が増加してくると言われていましたが、最近では4歳頃からがんの発生が増加してきています。最近の特徴として、様々な画像診断装置(CT、MRI、緒音波装置)の発達により、内臓等の体内のがんの検出が増加してきています。犬の場合、10歳以上では約40%にがんが発生していると言われています。また図5に示したように、犬種によってもがんで死亡する率は違います。ゴールデン・レトリバー、ボクサーはがんで死亡する確率が5割を超えています。

o05
図5.ゴールデン・レトリバー、ボクサーのがんで死亡する確率

図6に約40年前のヒト、犬、猫の10万頭あたりの部位別がん発生頻度を示しました。これをみると、ヒトでは消化管、乳がん、皮膚がんが上位3位です。一方、犬では乳がん、皮膚がん、軟部組織がん、猫ではリンパ腫、皮膚がん、乳がんが上位3位です。このように、ヒトと動物では上位3つのがんのうち、2つは共通しているのです。

2008年、コペンハーゲンで第1回世界獣医がん会議が開催されました。その時に、デンマークにおけるヒトと動物のがん発生頻度調査の報告がありました。ヒトと犬の各トップ10のがんのうち、メスでは8つのがん、オスでは7つのがんが同じであったことが報告されました。

このように、ヒトと動物では、がんの発生が非常に似ていることがわかります。

o06
図6.ヒト、犬、猫の10万頭あたりの部位別がん発生頻度

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】年末のニクの日と初詣。 (1.23)

  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る