TOP>連載 > 【Dr.古江のお悩み相談室】ワンコがお尻やおなかを気にする
  • 連載

【Dr.古江のお悩み相談室】ワンコがお尻やおなかを気にする

 

f01

おうちのワンコ、しきりにお尻を噛んだり、お腹を舐めたりしきりに気にしていませんか? 心当たりのある方は、ワンコが気にしている部分を注意深く見てみましょう!

赤み、ブツブツ、かさぶた、脱毛、環状にむける皮膚、そんな状態になってはいませんか? そんな時は皮膚が感染症を起こしてる疑いがあります。

私が診療をしている中で、皮膚のトラブルで来院される患者さんは年間を通して一定数おられますが、このムシムシする時期は特に患者さんが倍増するんです。
それはなぜでしょうか?

日本の夏は高温多湿なので、全身を毛で覆われているワンコは毛と皮膚の間で湿度が高まり、また熱も籠ります。そういった状況は細菌が繁殖しやすい皮膚環境となってしまいます。皮膚上で細菌が増加してしまうと、皮膚のターンオーバーのサイクルが乱れてしまいフケが増えたり、痒みがでたり皮膚病の一歩手前、黄色信号です。

ワンコは「痒い」「痛い」「なんか変だ」と感じると、その部分をペロペロガジガジ一所懸命に舐めたり噛んだり、または後ろ足を使って掻き崩したりしてしまいます。一所懸命になりすぎると今度は舐め過ぎ、掻き過ぎが原因で皮膚がただれてしまい、皮膚自体のバリア機能が低下して痒みが強くなってしまう。それが気になってまた舐めたり掻いたり……このような悪循環に入ってしまいます。

こうなると出血したり、傷ついた皮膚が感染を起こして膿んでしまい、皮膚病がどんどん悪化してしまうこともしばしばです。これは完全に赤信号ですね。中には、さらに悪化して傷口にウジが湧いてしまう場合もあります。想像するとゾッとしますが、毎年何頭かはそういうワンコが来院します。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

留守番のとき何してる? 【犬猫家族 番外編】 (4.15)

  • 連載

彼を父親にしてくれたのは息子たち (4.8)

  • 連載

マリアとララのインターペット訪問記 ホンダアクセス & FCA編【青山尚暉のわん... (3.29)

  • 連載

マリアとララのインターペット訪問記 ボルボ編【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】 (3.29)

  • 連載

まだ浅い春の日に 【犬猫家族】 (3.24)

  • 連載

褒められて伸びるタイプです 【犬猫家族】 (2.22)

  • 連載

里親に見放された肥満犬、体重半分のダイエットに成功! (1.22)

  • 連載

トイレが多いコウハイ 【犬猫家族】 (1.17)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る