TOP>連載 > こんな音が怖いのか?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

こんな音が怖いのか?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

かまってかまって攻撃に加え、この4年でさらにせわしなくなったのは、リンコがいっそう憶病になったためである。

飼い始めた当初は、ワンともキュンとも哭かず、

「なんておとなしい犬なのだろう」と思っていた。

生後半年までは、本当に一回ぐらいしか哭き声を耳にしなかった(誤って私がリンコの脚を踏んだときにキャワン!と吠えた)。

それが、最近ではちょっとした物音にやたらワンワン吠えるのだ。番犬としてはいいのだが・・・。

特に耳慣れない音に敏感である。自動車やバイクの音は慣れていておとなしくしているのだが、突然のくしゃみには反応して、けたたましく吠えたてる。家族はもちろんのこと、家の外の通行人のくしゃみにまで吠えるのだ。

咳やおならは大丈夫であるが、なぜか、くしゃみが怖いらしい。

雷には強いくせに、雨の音は苦手。なぜなのかは、わからない。

近所には、ゴミ収集車が怖くて見かけると突然歩かなくなるワンちゃんもいる。犬それぞれに怖がるポイントが違うのだろう。

ある日のこと。私がキッチンで野菜を切っていた。これは日常の風景なので、まな板から響く音には吠えることなくおとなしくしていた。

ところが、「ワンワンワン!」突然大声でリンコが吠えたてた。

尋常ではない吠えっぷりである。おかしい、リンコを怖がらせる物音など私にはなにも聞こえなかった。

ただ白菜の根元を切り落としてシンクに投げただけなのに?

「もしや!」

念のためもう一回白菜の根元をシンクに投げ入れてみた。

ぼこん、と音がして「ワワワワ、ワン!」

リンコはより一層怯えた声を上げた。

こんな音が怖いのか?

文/柴門ふみ

漫画家、エッセイスト。
1957年徳島市生まれ。
代表作「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」「家族の食卓」など。
現在夫、愛犬リンコ(3歳)と共に東京武蔵野市に住む。

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る