TOP>連載 > 【いぬのはてな】睡眠時間が長いのはなんで?
  • 連載

【いぬのはてな】睡眠時間が長いのはなんで?

そんなに寝ていて大丈夫?

5-7

犬は、本来1日の半分を睡眠時間に費やすと言われており、成犬で約12時間、子犬の場合は約16時間眠るそうです。これは、野生時代の名残といわれており、眠ることで狩りをするための体力を温存していたそうです。

また、犬はレム睡眠よりノンレム睡眠が8割を締めているため、ほとんどが浅い眠りです。犬が、ちょっとした小さな音でもすぐに起きるのはこのためです。

犬も人間と同じように、睡眠時間が少なくなることにより体調不良になります。特に、子犬は体力がないので、睡眠時間は十分に確保してあげましょう。

ただ、よく眠ることが犬の普通であるとは限りません。中には、甲状腺の機能低下や免疫介在性溶血性貧血といった病気によって、睡眠時間が長いという可能性もあります。急激に愛犬の睡眠時間が増えたり、様子がおかしいと思ったりしたら、すぐに獣医師に相談をしましょう。

眠るということは、生きていく上でとても重要なことです。愛犬の健康を維持するためにも、安心してゆっくりと眠れる環境を作ってあげましょう。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る