TOP>連載 > 【いぬのはてな】犬同士で舐め合うソーシャルグルーミングの役割
  • 連載

【いぬのはてな】犬同士で舐め合うソーシャルグルーミングの役割

犬同士で舐め合うのはコミュニケーションのひとつ

5-13

多頭飼いをしているお家や、散歩中に他の犬と接するときによく見られる光景ですが、犬は犬同士で体を舐め合う事でコミュニケーションをとっています。

子犬のころ母犬からたくさん舐めてもらう事で、幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」という物質が分泌され、心の安定を保っているといわれています。また、母親が子犬を舐めることで、子犬の食べ物の消化を手伝ったり、血行を促進したりという物理的な効果もあるようです。

子犬の頃に舐め合うコミュニケーションを身につけた犬は、他の犬とも同じように接するようになります。

成犬同士で体を舐め合う行為は、お互いの被毛をきれいにする効果や、犬同士の対立を解消したり愛情を確かめ合ったりする重要な役割を持っているといわれています。耳や耳の後ろを舐めるのも犬同士の挨拶の1つであり、仲間同士のコミュニケーションなのです。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る