TOP>連載 > ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(4)

ウソ泣きがしつけの最後の手段

リンコが我が家に来てから2週間が過ぎ、生後4か月を迎えようとしていた。そこで、本格的なトイレトレーニングが始まったのだ。

前回登場のドッグトレーナーさんに、再度教えを乞うことにした。

「ずっと見張っていて、オシッコをしたそうにしたらトイレシートの上に連れていき、成功したらご褒美に鶏のささみをあげましょう。それを根気よく繰り返せば、必ず成功します」

「ずっと見張る、って・・・。何時間ぐらい見張るんですか?」

「起きてる間中、一日です」

その結果、2014年の2月、私はまるまる一カ月仕事もせず一日中子犬を見張っていたのである。

幸いフィギュアスケートのシーズンだったので、テレビをつけっぱなしにしていた。

「リンコ、一緒に羽生君を応援しようよ。フレー、フレー、ゆ・ず・る!」

大きな声を出し、犬との時間をつぶしていたのである。

しかし、スケートに熱中してしまうと、犬のトイレサインを見逃してしまう。間に合わずにカーペットの上に漏らしてしまうこともしょっちゅうだった。小だけではない。子犬はまとまって便を出せないため、一日中少量のうんちを、ほぼ垂れ流し状態なのである。

おかげで一日に何度も、ブラシで便をこすり落とさなくてはいけなかった。

「トイレトレーニングが完成する日が、果たして本当に来るのかしら」

私はだんだん不安になってきた。

そんなある日、ついにリンコが自分からサークル内に入り、トイレシートの上でオシッコをしたのである。

「リンちゃん、えらいっ!」

私は喜びの声をあげ、そしてご褒美の鶏ささみを与えたのである。3歳までオムツがはずれなかった長男が初めてオマルの上でオシッコの成功した日を、私は思い出していた。

以後、一進一退を繰り返しながらも、ほぼ一カ月でトイレトレーニングは完成した。良かった。これ以上長引けば私は休筆宣言せねばならなかった。

02113 (2)

この時期、もう一つ躾なければいけない課題が私にはあった。

リンコが私の足首を、噛むのである。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る