TOP>連載 > ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

  • 連載

ウソ泣きがしつけの最後の手段【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】

柴門ふみの50過ぎて犬を飼う(4)

ウソ泣きがしつけの最後の手段

リンコが我が家に来てから2週間が過ぎ、生後4か月を迎えようとしていた。そこで、本格的なトイレトレーニングが始まったのだ。

前回登場のドッグトレーナーさんに、再度教えを乞うことにした。

「ずっと見張っていて、オシッコをしたそうにしたらトイレシートの上に連れていき、成功したらご褒美に鶏のささみをあげましょう。それを根気よく繰り返せば、必ず成功します」

「ずっと見張る、って・・・。何時間ぐらい見張るんですか?」

「起きてる間中、一日です」

その結果、2014年の2月、私はまるまる一カ月仕事もせず一日中子犬を見張っていたのである。

幸いフィギュアスケートのシーズンだったので、テレビをつけっぱなしにしていた。

「リンコ、一緒に羽生君を応援しようよ。フレー、フレー、ゆ・ず・る!」

大きな声を出し、犬との時間をつぶしていたのである。

しかし、スケートに熱中してしまうと、犬のトイレサインを見逃してしまう。間に合わずにカーペットの上に漏らしてしまうこともしょっちゅうだった。小だけではない。子犬はまとまって便を出せないため、一日中少量のうんちを、ほぼ垂れ流し状態なのである。

おかげで一日に何度も、ブラシで便をこすり落とさなくてはいけなかった。

「トイレトレーニングが完成する日が、果たして本当に来るのかしら」

私はだんだん不安になってきた。

そんなある日、ついにリンコが自分からサークル内に入り、トイレシートの上でオシッコをしたのである。

「リンちゃん、えらいっ!」

私は喜びの声をあげ、そしてご褒美の鶏ささみを与えたのである。3歳までオムツがはずれなかった長男が初めてオマルの上でオシッコの成功した日を、私は思い出していた。

以後、一進一退を繰り返しながらも、ほぼ一カ月でトイレトレーニングは完成した。良かった。これ以上長引けば私は休筆宣言せねばならなかった。

02113 (2)

この時期、もう一つ躾なければいけない課題が私にはあった。

リンコが私の足首を、噛むのである。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

暑さも漸く落ち着きお散歩の季節到来。 (11.12)

  • 連載

血液検査と新刊「楽しかったね、ありがとう」のこと【犬猫家族】 (8.23)

  • 連載

息子達と気晴らしお出かけ。 (7.25)

  • 連載

センパイ、血液検査の結果に【犬猫家族】 (6.7)

  • 連載

こどもの日に思ったこと。 (5.31)

  • 連載

春の憂鬱【犬猫家族】 (5.2)

  • 連載

留守番のとき何してる? 【犬猫家族 番外編】 (4.15)

  • 連載

彼を父親にしてくれたのは息子たち (4.8)

もっと見る

注目のグッズ

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る