TOP>連載 > 【いぬのはてな】保護された犬をお迎えする
  • 連載

【いぬのはてな】保護された犬をお迎えする

PETomorrow(ペットゥモロー)】

保護犬をお迎えするという選択

7-13

ペット先進国・アメリカでは、生体販売を行なうペットショップは減少傾向にあって、ペットは買うものでなく保護団体などから里親として引き取る、という文化が広まってきています。

また、子犬を売るのではなく保護団体から引き取った犬を展示し譲渡するというスタイルのショップも多く存在してきています。

ここ最近、日本でも譲渡会などで保護犬を引き取るという方法が増えてきました。譲渡会にいる犬は、新しい里親のもとで幸せな生活を送れるよう、保護団体のボランティアなどによってしつけされていることが多いです。

犬をこれから飼おうと思っている方は、様々な事情で見捨てられてしまった犬をお迎えするという方法も、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】年末のニクの日と初詣。 (1.23)

  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る