TOP>連載 > 【いぬのはてな】シベリアン・ハスキーの歴史について
  • 連載

【いぬのはてな】シベリアン・ハスキーの歴史について

オオカミによく似たハスキー犬

11-7

ソリ引き犬として有名なシベリアン・ハスキー。日本では1990年頃に漫画「動物のお医者さん」がきっかけで爆発的な人気が出ました。

そんなハスキーは、アラスカン・マラミュートと祖先を同じくする犬族最古の犬種とまで言われることもあり、その起源は1900年代初頭にまで遡ります。

ハスキーの祖先とされているシベリアのチュクチ族のソリ引き犬として活躍していた犬は、現在のハスキーとは見た目も体格もまったく違うものだったようです。茶色っぽくくすんだ毛並みと筋肉質で頑丈な体軀の中型犬だったソリ引き犬をアメリカ人が本土に持ち帰って改良し、現在のシベリアン・ハスキーの姿となったとされています。

狼の血が混ざっているという説が根強いハスキーですが、最近ではその説は否定する学者も増えてきています。

現在の日本ではブームも過ぎ去り、ハスキーの性格や特徴をよく知ったうえで飼っている飼い主が多く、最新のジャパンケネルクラブ(JKC)犬種別犬籍登録頭数は31位になっています。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

父・宍戸錠と愛犬たちの思い出 (6.11)

  • 連載

ゲバラのバースデー旅行。 (12.28)

  • 連載

センパイは14歳、コウハイは9歳になりました。【犬猫家族】 (12.8)

  • 連載

暑さも漸く落ち着きお散歩の季節到来。 (11.12)

  • 連載

血液検査と新刊「楽しかったね、ありがとう」のこと【犬猫家族】 (8.23)

  • 連載

息子達と気晴らしお出かけ。 (7.25)

  • 連載

センパイ、血液検査の結果に【犬猫家族】 (6.7)

  • 連載

こどもの日に思ったこと。 (5.31)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る