TOP>連載 > 【いぬのはてな】柴犬は天然記念物だった!
  • 連載

【いぬのはてな】柴犬は天然記念物だった!

日本人と柴犬の長い歴史はいつから?

日本で飼育されている日本犬の約8割を占めているといわれ、もっとも有名な日本犬といっても過言ではない柴犬。今回はそんな柴犬の歴史を紐解いてみましょう。

日本の縄文時代の遺跡からは、柴犬の祖先である縄文犬の骨が発掘されています。縄文犬は人間と共生したと考えられており、柴犬の祖先は昔から人と身近な存在であったといえるでしょう。

古くから人間と行う野鳥やウサギ、キツネなどの猟において活躍してきた柴犬は、その後、日本古来の犬としてペットとしても愛されるようになり、昭和11年に天然記念物に指定されました。

そのころの柴犬は、分布地域によって「信州柴」「美濃柴」「山陰柴」の3タイプに分かれていました。しかし、第二次世界大戦後の食糧難やジステンパーの流行によって柴犬が絶滅の危機に瀕したとき、全国各地の柴犬を集めて交配させ保存活動が行われたため、現在の柴犬には地域別のタイプは存在していません。

絶滅の危機を乗り越えた柴犬は、日本土着の犬としていまも愛され続けています。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

末っ子カリドと母子の旅へ【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編25)】 (11.12)

  • 連載

ハロウィン。【まう助日記】 (10.31)

  • 連載

食欲の秋!ペットフードの選び方について【犬猫家族 特別編】 (10.17)

[PR]
  • 連載

動物愛護週間について【犬猫家族】 (9.30)

  • 連載

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 連載

ウォーターバトル。【まう助日記】 (8.30)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

保護犬出身五男グアポの初めてのお誕生日【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編23)】 (8.23)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る