TOP>連載 > スコティッシュフォールドに多い「骨軟骨異形成」とは?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

スコティッシュフォールドに多い「骨軟骨異形成」とは?【Dr.古江のお悩み相談室】

骨軟骨異形成は生涯にわたって進行する子も!

fd7829d2c107ea861ae30df9aa005958_s

ではどういった症状が現れるのでしょうか?多いのは成長期に発症する骨や関節の異常による疼痛です。通常は成長期が終わると病気の進行も停止しますが、生涯にわたって進行する子もいます。四肢や尾、そして背骨へと症状が出ることが多いようです。ひどい子になると骨増生と呼ばれる勝手な骨の増殖により、手根関節(手首)や足根関節(足首)の関節に骨でできた瘤のようなもの「骨瘤」ができてしまうこともあります。

関節の部分が固定されたようになってしまうため、関節がうまく曲げられなくなったり、周りの神経が圧迫されて痛みが生じるのが特徴です。特に耳の折れているスコティッシュフォールド同士の交配で生まれた子に多く見られ、また症状も重いことが多いと言われていますが、耳が折れていない子で発症がないわけではありません。

この「耳折れ」は優性遺伝形質であるため、耳折れスコちゃんは若いうちから病的な関節炎が進行し、耳折れではないスコちゃんも耳折れスコちゃんよりは進行はゆっくりではあるものの、関節炎が進行することが知られています。スコティッシュフォールドであるが故の病気と言えばいいでしょうか。

おじさんのような力の抜けた「スコ座り」と呼ばれる特徴的な愛らしい座り方も、この骨瘤により骨が変形していることで、楽な姿勢だからしているのだとも言われています。

鼻にこの病気が出た場合は鼻血がよく出ると言われています。もちろん他の病気(感染症、血液の凝固異常、鼻の中の腫瘍など)によっても鼻血が出ることはありますが、比較的若いスコティッシュフォールドで鼻血を出す子の場合は鼻腔内軟骨の異常が原因のことが多い様に思います。ただ、この鼻血に関しては根本治療はなく、対症療法と言って止血剤を投与するぐらいしか治療法はないのが現状です。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る