TOP>連載 > 【いぬのはてな】ポメラニアンのお猿期って知ってる?
  • 連載

【いぬのはてな】ポメラニアンのお猿期って知ってる?

お猿期という言葉を耳にしたことはありますか?

10-4

ふわふわな毛が特徴的なポメラニアン。CMに登場するポメラニアンの影響もあり、子犬のころから毛がふわふわなイメージがある方も多いのではないでしょうか。

しかし実は、ポメラニアン愛好家からお猿期と呼ばれる、毛が抜け落ちてしまう期間があるのです。

ブリーダーさんやペットショップで出会う生後2~3か月ごろは、毛がふわふわである程度のボリュームがあるポメラニアンですが、生後4か月~8か月ごろにかけて換毛期が訪れ、徐々に抜け毛が多くなっていきます。そのころのポメラニアンは被毛がスカスカになり、少し貧相に見えてしまいます。

体やしっぽだけでなく顔周りの毛も同様に抜け落ちていき、まるで顔にお面をつけているかのように顔面と顔の毛の境目がはっきりとわかる見た目になる子が多いです。その顔がお猿さんのように見えることから、一部のポメラニアン愛好家の中で“お猿期”といわれているんです。

初めてポメラニアンを飼う方は、抜け毛が多くなるだけでなく、とても毛がふわふわのポメラニアンのイメージとは似ても似つかない姿になってしまった愛犬に戸惑うことも少なくないでしょう。しかしこの時期は、ポメラニアンが大人になる過程で必ずといっていいほど経験するものであり、何も心配する必要はありません。

では、この換毛期を経て、どれくらいで立派な被毛になるのでしょうか。

それにはかなりの個体差があり、一概に「どれくらい」ということはできません。生後1年で立派に毛吹く子もいれば、4歳になってやっと長い毛が生えそろったという子もいます。それもその子の個性として、立派な被毛に成長していく過程を楽しみましょう。

ただ、注意したいのはバリカンでのカットです。まだ毛が生えそろっていない子犬の時期に、バリカンを使っていわゆる“柴犬カット”のように毛を短くカットしてしまうと、毛質が変わることがあるといわれています。その子の成長具合を見つつ、トリマーさんと相談しながらカット方法を考えましょう。

成長期のポメラニアンの子犬の毛が抜けはじめ、少し貧相な見た目になってしまったとしても、それもその子が立派に成長しているという証。ブラッシングなどの手入れは普段通り行いながら、温かく成長を見守りましょうね。

お猿期は、ポメラニアンの一生に一度だけ。今後は見られない愛犬のおサル顔をカメラにおさめて思い出にするのもいいですね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る