TOP>連載 > 【いぬのはてな】プードルのあのカットには意味があった!?
  • 連載

【いぬのはてな】プードルのあのカットには意味があった!?

名前の由来は狩猟犬時代からきています

Poodle-01

プードルにはスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイという4サイズがあり、日本では特にトイプードルの人気が高く、街で見かける機会も多い犬種の1つとなっています。

現在では小さくてかわいい印象の強いプードルですが、昔は大型サイズが主流で、水辺での猟を得意とする狩猟犬として大活躍していました。

プードルという名前も、ドイツ語で”水中でバシャバシャ音を立てる”という意味の「プーデル」が由来と言われています。

プードルのショードッグとしての正式なスタイルの1つである「コンチネンタル・クリップ」は、プードルが主に湖などに落ちた鳥を拾ってくる狩猟犬だったことから生まれたスタイルです。

泳ぐのに邪魔になる顔や身体の毛をカットし、心臓や体温の低下を防ぐために腕や足の毛は残すことで狩猟犬として働きやすくするためのものでした。

かわいいプードルにも、勇ましい時代があったんですね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る