TOP>連載 > 【いぬのはてな】聴覚障害者に音を届ける聴導犬
  • 連載

【いぬのはてな】聴覚障害者に音を届ける聴導犬

耳の聞こえない方へ音を届けます

聴導犬とは、聴覚障害者に安心して生活してもらえるよう、火災報知器などの警報やインターホン、電話、目覚ましなど生活に必要な音を聞き、聴覚障害者のオーナーを導く犬のことです。

聴導犬の育成は、指示をしたら来る、座る、伏せるなどの基本的な動作をどんな場所でもできるようにします。その訓練が終わった後、音がなったらオーナーの膝などをタッチするようにし、音源へと導くようにする聴導動作訓練を行います。

どちらの訓練も終わったら、聴導犬希望者と引き合わせ、そのオーナーになる予定の人の生活環境に合わせた訓練を行い、試験に合格してはじめて聴導犬として認められることに。

現在、日本国内の聴導犬は約60頭いますが、その数はまだまだ足りていません。今後聴導犬が増え、より多くの聴覚障害者の生活をサポートできるといいですね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】年末のニクの日と初詣。 (1.23)

  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る