TOP>連載 > わんこに多い病気の副腎皮質機能亢進症とは?【Dr.古江のお悩み相談室】
  • 連載

わんこに多い病気の副腎皮質機能亢進症とは?【Dr.古江のお悩み相談室】

常に失禁しているような状態のわんこも!

51a345feefa51bd5eed9a3cb59a8708b_s

治療について基本的にはお薬で症状をコントロールするという内科治療が一般的ですが、その他、放射線治療や外科治療という治療方法もあります。どの治療法を選択するかは病気のタイプや状況によって判断していきますが、ほとんどのケースで内科治療を選択しています。放射線治療にせよ外科治療にせよ特殊な器具・設備が必要になりますし、内科治療に比較すると治療リスクも高くなります。

副腎皮質機能亢進症って、多飲多尿になったり皮膚が薄くなったりするくらいで大した病気じゃないと思われる飼い主さんもおられるかもしれませんが、いえいえそんなことはなくて、私が診察したワンコの中には、排尿が15分と我慢できなくて、常に失禁しているような状態のワンコを診たことがあります。

飼い主さんは部屋中に新聞紙とシーツを敷いているけど全然足りなくて1日中トイレの片付けをしていると本当に困っておられました。また、多飲多尿はそれほどではないけれど皮膚が非常に薄く脆くなり、背中の皮膚が人の掌くらいの大きさでズル剥けになってしまったワンコも診察したことがあります。

逆に、よく食べ、よく飲み、元気に見えるので、飼い主さんはただ太っているだけなのかと思っていたら、健康診断の過程でこの病気が発見されるというケースもあります。

よく食べるし元気もあるけれど、そう言えばお水を飲む量が多くなった気がする・・・という場合は、一度かかりつけの先生に相談してみて下さいね。

fp01

文/古江加奈子(獣医師)

パーク動物医療センター副院長。福岡県獣医師会、福岡市獣医師会、日本獣医がん学会に所属。言葉の話せない動物を治療するうえで、動物たちに聞く代わりに飼い主から沢山のことを聞き、飼い主とのコミュニケーションを最重視するドクター。http://parkanimal.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

春の憂鬱【犬猫家族】 (5.2)

  • 連載

留守番のとき何してる? 【犬猫家族 番外編】 (4.15)

  • 連載

彼を父親にしてくれたのは息子たち (4.8)

  • 連載

マリアとララのインターペット訪問記 ホンダアクセス & FCA編【青山尚暉のわん... (3.29)

  • 連載

マリアとララのインターペット訪問記 ボルボ編【青山尚暉のわんこと行くクルマ旅 特別編】 (3.29)

  • 連載

まだ浅い春の日に 【犬猫家族】 (3.24)

  • 連載

褒められて伸びるタイプです 【犬猫家族】 (2.22)

  • 連載

里親に見放された肥満犬、体重半分のダイエットに成功! (1.22)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る