TOP>連載 > 【いぬのはてな】ノーリードの散歩は危険がいっぱいです!
  • 連載

【いぬのはてな】ノーリードの散歩は危険がいっぱいです!

愛犬を守れるのはあなただけです

12-12

ノーリードの散歩は危険がいっぱいです。いくらきちんとしつけをしていても、いつどんな行動をするか完全に予測するのは難しいものです。

例えば、突然の大きな音や勢いよく走ってくる自転車・子供に驚いて走り出す可能性、匂いを嗅ぐのに集中したり、猫や鳥に気を取られたりして道路に出てしまい、事故にあってしまう可能性、他の犬に近づいてケンカになってしまう可能性、危険なものの拾い食いの可能性など、様々な危険性があります。

また、当然周囲の人すべてが犬好きとは限りません。リードを付けた小さなチワワであっても、すれ違う時に恐怖を感じてしまう人もいます。犬嫌いの人にノーリードの犬が近づいてしまったら、どれだけ怖い思いをさせてしまうことでしょうか。

リードをつけていれば犬の行動を制限・制御して危険から守ったり、人に近づかないようにしたりすることが出来ます。リードは愛犬の命綱。

しっかりとリードをつけて、周りの人への配慮も忘れずに安全に散歩を楽しみたいですね。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】年末のニクの日と初詣。 (1.23)

  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る