TOP>連載 > 【いぬのはてな】安心して眠れるように飼い主ができること
  • 連載

【いぬのはてな】安心して眠れるように飼い主ができること

薄暗さと狭さがポイント

11-27

おさんぽやごはんがひと通り終わり落ち着くと、眠そうにしはじめる愛犬。犬は元々ほら穴などで睡眠をとっていたため、愛犬が安心して眠れるようにしてあげるには薄暗さと狭い空間を作ってあげることが大切です。なので、愛犬が眠そうにしはじめたら、部屋を暗くしてあげたり、サークルやクレートの上から布をかけてあげると良いでしょう。

コンパニオンアニマルとなって長い犬ですが、それでも狩猟時代の名残から、常にまわりからの攻撃を警戒しながら寝る犬もまだまだ多いよう。なので、少しでも安心できるように環境にはこだわってあげると良いでしょう。

ちなみに、体を伸ばしてリラックスしていたり、いわゆるヘソ天をしているときは、その場所に安心しきっているということ。しかし、その姿どんなにかわいくても、寝ている間は構わず安眠させてあげましょうね。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る