TOP>連載 > 【いぬのはてな】オスワリとフセの仕方から見つけるケガや病気
  • 連載

【いぬのはてな】オスワリとフセの仕方から見つけるケガや病気

いつもと違う?そう思ったらまずはチェック。

11-29

オスワリをすると後ろ足が伸びて「お姉さん座り」のようになる場合、膝蓋骨脱臼の恐れが。股関節に炎症のあるせいで、この座り方になってしまう犬が多いようです。ただし、ツルツルと滑りやすいフローリングなどでオスワリをさせると自然とこの姿勢になることも多いので、見極めが必要です。

また、オスワリの指示をしてからゆっくり時間をかけてオスワリする犬は、骨や関節の疾患、心臓病の可能性がある場合も。病気によって動きが鈍くなるケースが多いので、最近になって時間がかかるようになってきたと感じるようならすぐに受診してみることをおすすめします。

フセの際に後ろ足をのばすのは、股関節に異常がある可能性が。犬の骨の構造上本来フセの際に後ろ足をのばすのは難しいのですが、後ろ足に違和感を覚えている犬はこの姿勢をとることが多いです。股関節炎や股関節形成不全などの可能性があります。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る