TOP>連載 > 【いぬのはてな】エリザベス女王とコーギーの関係
  • 連載

【いぬのはてな】エリザベス女王とコーギーの関係

まるでエリザベス女王のボディガードのようなコーギーたち!

11-6

イギリスのエリザベス女王は、18歳の誕生日に父親のジョージ6世から、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの仔犬をもらって以来、ハネムーンや公務にまでコーギーを連れていくほど溺愛するようになりました。彼女はなんと、最も多いときで13頭同時に飼っていたという筋金入りのコーギーマニアです。

現在彼女が飼っている犬は、純血種(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)のエマとホリーの2頭と、コーギーとミニチュア・ダックスフンドとの交配したミックス犬(ドーギー)のリネット、ウィロウ、モンティの3頭です。このドーギーの交配には、エリザベス女王の妹、マーガレット王女が飼っていたミニチュア・ダックスフンドの力を借りたようです。

エリザベス女王がここまで犬を愛する理由として、王室ジャーナリストのブライアン・ホイ氏は「王室の人々は人を心から信頼出来る機会は少ないが、その分犬を信頼するようになった」と言っています。そう聞くとすこし寂しい気もしますが、エリザベス女王の愛犬たちがいつも近くで、まるでボディガードのようにいる様はとても微笑ましいです。

文/大原絵理香

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る