TOP>連載 > 【いぬのはてな】スヌーピー、ヨーゼフ、パトラッシュ…有名な犬キャラのモデル犬を調べてみました!
  • 連載

【いぬのはてな】スヌーピー、ヨーゼフ、パトラッシュ…有名な犬キャラのモデル犬を調べてみました!

PETomorrow(ペットゥモロー)】

意外とおもしろい有名犬キャラのモデル犬探し

9-29

まず、有名なのが“スヌーピー”。こちらはビーグルがモデルだといわれています。白いボディに黒い耳だけ見ると、あまりビーグルがモデルになっているとは思わない方もいると思います。しかし、スヌーピーの友好的で頑固な性格、背中の黒い模様はビーグルに通ずる部分があるように感じます。

続いては「アルプスの少女ハイジ」のアニメに出てくる、“ヨーゼフ”。ヨーゼフはセント・バーナードという犬種です。セント・バーナードはアニメのとおりの超大型犬で、もともとアルプスで雪山救助犬として活躍していました。ヨーゼフの優しく穏やかな性格も、セント・バーナードそのものだといえます。

犬が出てくる有名アニメの代表格ともいえる「フランダースの犬」。この作品に出てくる“パトラッシュ”は、ブービエ・デ・フランダース(ブービエ・デ・フランドル)という犬種だといわれています。驚くことに、ブービエ・デ・フランダースは、ブラックや濃いグレー単色の犬で、アニメのパトラッシュとは外見が全く異なります。これは、あくまでもモデルにしたと言われていますがアニメオリジナルの犬に仕上げたらたそう。

最後にご紹介するのは、ディズニーのミッキーフレンズには欠かせない“プルート”です。黄色い身体に長く垂れた黒い耳…一見、思い当たる犬種は浮かびませんが、このプルートのモデルとなったのはブラッド・ハウンドだといわれています。ブラッド・ハウンドは、ベルギー原産の猟犬です。長い垂れ耳や大きな足、ミッキーに対して従順な性格はブラッド・ハウンドに当てはまり、プルートのモデルがブラッド・ハウンドというのも納得がいきます。

犬がモデルになっているキャラクターは、ほかにもたくさんいます。それぞれのモデルとなった犬種の写真とキャラクターの絵を並べてみると、言われなければ気づかなかった共通点なども見つけられて楽しいかもしれませんね。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

ペットゥモロー公式TwitterFacebookでも記事を配信中。ぜひ、フォロー&いいね!してくださいね。
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 連載

犬が落ち着きはじめるのは何歳ぐらいから? (7.4)

  • 連載

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 連載

ホワイト、ブラウン、ブラック…トイプードルは毛の色で性格が違う? (11.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る