TOP>連載 > だるまさんはころばない。【森ネコ、ギャングを迎えて】

  • 連載

だるまさんはころばない。【森ネコ、ギャングを迎えて】

森ネコ、ギャングを迎えて

我が家にきて一ヶ月。

ギャングが次第にその姿を見せるようになりました。

階段の上から、ひょっこりと顔を見せて、こちらの様子を伺っています。

別の日の夜、おや、少し体が見えるくらいまで、身を乗り出しています。
これは、ちょっと前進?

また別の日の夜、体の半分以上が見えるくらいまで、ギャングが身を乗り出しています!

そこで気づきました。

これは、日にちをまたいでの、「だるまさんがころんだ」か?

そして次の日の昼間、ついに!ギャングの全貌があらわに!

立ち姿の、凛とした、美しいこと!(完全に親バカ)

その日の夜は、だいぶ下の方まで来ました。後ろ足は上から4段目、前足は上から5段目。

もちろん、そこからスタスタッと逃げてしまうのですが。

そして後日、ついに、一段下の段までやってきました。
だるまさんよ、はやくころんでおくれ〜。

この、愛おしいギャングとだるまさんがころんだを毎日楽しんでいたら、ようやく目の前まで来てくれるようになりました!

くうううう。たまらない。

そして、おそるおそる、ご飯をさしだすと、食べてくれたのです。

「だ、だるまさん、タッチしますよ?」

と言って触ろうとすると、シュターーッと逃げていかれました。むう、まだまだ、だるまさんはころばないかあ。

今日のひとこと。

ギャングとの長い長い、だるまさんがころんだ。最近は、ご飯をあげながらついに「タッチ!」ができるようになりました。むしろ、それを境にして、階段の下までご飯をおねだりするようになったのです。ご飯をあげて、頭をなでなでするのはできるのですが、やっぱり単に近づこうとすると、俊足で逃げていきます。じっくりと時間をかけて、もっと距離を縮めていきたいです。

連載「森ネコ、ギャングを迎えて」のバックナンバーはこちらから

写真・文/小林 希(こばやしのぞみ)

旅、島、猫を愛する旅作家//Officeひるねこ代表

東京都出身。在学中写真部に所属。2005年サイバーエージェントに入社、出版社に配属。2011年末に退社し、世界放浪の旅へ。1年後帰国して、『恋する旅女、世界をゆくー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎文庫)で作家に転身。主に旅、島、猫をテーマに執筆活動・写真活動している。著作など多数。また、瀬戸内海の讃岐広島に「ゲストハウスひるねこ」をオープンするなど、島プロジェクトを立ち上げ、地域おこしに奔走する。現在世界65カ国、日本の離島80島をめぐる。年150日は東京以外の他拠点生活。旅でみんながつながるオンラインサロン『しま、ねこ、ときどき海外』運営し、サロンメンバー(ひるねこ隊)の隊長として、さまざまな旅企画など実行中。女性誌『CLASSY』やデジカメWatchで連載中。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ぼくはまいにちとってもいそがしいです。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.23)

  • 連載

海苔子という女・素質 (8.13)

  • 連載

だるまさんはころばない。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.11)

  • 連載

こふで、白目をむいて爆睡【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.30)

  • 連載

いきものを捨てる人の言い訳はいつも「自分の都合」。 (7.22)

  • 連載

夏休みは猫島満喫!田代島観光をプチ予習。 (7.18)

  • 連載

ギャングが我が家にやって来た!【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.14)

  • 連載

海苔子という女・母 (7.12)

黒猫の仔猫
もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る