TOP>連載 > ギャングが我が家にやって来た!【森ネコ、ギャングを迎えて】

  • 連載

ギャングが我が家にやって来た!【森ネコ、ギャングを迎えて】

2019年5月11日、ついに御蔵島生まれ、育ちの森ネコ・ギャングこと、フィリックスが我が家にやってきました!

同時に、1歳未満と思われる御蔵島で保護された茶トラの仔猫、仮名きつねくんも、「目の状態がよくなったので、同じタイミングでお届けします!」と、“御蔵島のオオミズナギドリを守りたい有志の会”の長谷川さんから連絡があり、なんと11日にふたり一緒でご対面を果たしました!

しかーーし。

予想通り、ギャングはこの日からずっと不動明王へとなりかわり、「動かぬ!」とのこと。

一方で、きつねさんは一瞬で慣れてくれて、我が物顔で家の中を探検開始。むしろ、「にーさん、だいじょうぶとおもうよ。でてきにゃよう」と、ギャングを励ましている様子。

最近長谷川さん宅では、「めしくれにゃ!!」と催促にまで来ていたというギャング。

またしても、人間不信になってしまったのか…。

なんせ、御蔵島からやって来て、人間になかなか慣れないネコたちのなかで、最も慣れないギャング。近寄れば、「ファー!!!」をもらうこと間違いなし。そんなギャングが最近、蚊のなくような声で「めしくれにゃ!!」と言うようになったのに…。

我が家では、トイレにずっと籠城する、不動明王となってしまったのです。

さあ、これからどうなる!?

一方で、きつねさん。

「名前どうしようかな」と悩んでいたのですが、実は5月1日に最愛の父が突然他界してしまいまして、父が水墨画を描くことが大好きでたくさんの筆を大切に持っていたこと、また、きつねさんの尻尾が筆のようにシュッとまっすぐに長いことから、「こふで」と名付けることにしました。

(私の足の上で休むこふでさん)

「こふで、お父さんのぶんまで、元気で1日でも長く一緒に暮らそうね」

こふでは、なぜか、「ぼくは、こふで」と分かっているのか、それ以来名前を呼ぶと、ちゃんと「にゃあん」と返事をしてくれます。それだけで、こんなに心が救われるとは、本当にこの小さな可愛い存在に、感謝しかありません。

夜も、一緒に寝てくれて、「だいじょうぶ?」と慰めてくれている気がしています。(私の勝手な思い込みではありますが)

翌朝、目覚めると、ギャングの籠城場所が変わっていました!

そこは、クローゼットの下。

トイレに籠城していると、おトイレができないのではと心配で、ケージを開けっぱなしにしていたのです。クローゼット下の奥深く、体を壁にくっつけて、「なんだよう」という顔でみてきます。

それ以降、ギャングの安住の地はこことなりました。

いつか、出てきてくれるようになるのか?

真逆の性格の、愛しいふたりとの生活が始まりました!

今日のひとこと。

ものすごく個人的なことですが、父が亡くなって、まるで入れ替わりのようにやって来てくれたと思います。ふたりとの暮らしを、父の死と重ねていけないとわかっていても、御蔵島からきて、たくましく生きるふたりには励まされています。どうか、少しでも長く一緒に暮らせますように。今は、ただそれしか考えられません。

連載「森ネコ、ギャングを迎えて」のバックナンバーはこちらから

写真・文/小林 希(こばやしのぞみ)

旅、島、猫を愛する旅作家//Officeひるねこ代表

東京都出身。在学中写真部に所属。2005年サイバーエージェントに入社、出版社に配属。2011年末に退社し、世界放浪の旅へ。1年後帰国して、『恋する旅女、世界をゆくー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎文庫)で作家に転身。主に旅、島、猫をテーマに執筆活動・写真活動している。著作など多数。また、瀬戸内海の讃岐広島に「ゲストハウスひるねこ」をオープンするなど、島プロジェクトを立ち上げ、地域おこしに奔走する。現在世界65カ国、日本の離島80島をめぐる。年150日は東京以外の他拠点生活。旅でみんながつながるオンラインサロン『しま、ねこ、ときどき海外』運営し、サロンメンバー(ひるねこ隊)の隊長として、さまざまな旅企画など実行中。女性誌『CLASSY』やデジカメWatchで連載中。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

参りました。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (9.5)

  • 連載

天下無敵の母親失格。海苔子という女・別離 (8.28)

  • 連載

ぼくはまいにちとってもいそがしいです。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.23)

  • 連載

海苔子という女・素質 (8.13)

  • 連載

だるまさんはころばない。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.11)

  • 連載

こふで、白目をむいて爆睡【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.30)

  • 連載

いきものを捨てる人の言い訳はいつも「自分の都合」。 (7.22)

  • 連載

夏休みは猫島満喫!田代島観光をプチ予習。 (7.18)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る