TOP>連載 > 海苔子という女・義理

  • 連載

海苔子という女・義理

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活し、ついに全員を看取った中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の回顧録である。

第三十八回 海苔子という女・義理

魔性のメスネコ“海苔子”が、室内飼いになる前の、まだウチに出たり入ったりしている半ノラ状態の時の話である。

メスの魅力で近所のボスネコ、その名も『オオグロ』(オレが勝手にそう呼んでただけだけど)にうまいこと取り入り、ネコ社会でも間違いなく確固たるポジション築いていた。

女の魅力フル活用して生きる! 人間社会でもたまにいそうなやり手の女。海苔子はそういうイメージのメスネコだった。

しかし、そういうネコに限って義理堅い所は義理堅いのだ。

ある日、ウチにゴハンを食べに来た海苔子。たらふく喰って、また外に戻っていったのだが、海苔子が食事をしていたあたりをよーく見ると、焦げ茶色の物体がある。

最初は食べ散らかしたキャットフードだと思った。

「なんだよ、食べ散らかして」と、思って近づく。

しかし、近づいていくにしたがって、その物体が丸いピンポン玉のような形状をしていることに気付く。

食べ残しがこんな丸い球状のワケがない。

一体なんだろう? とさらに近づく。

オレはド近眼+円錐角膜という目の病気による不正乱視で、ものすごく視力が弱いのだ。もっと近づくと、その丸い物体がなにやら毛羽立っていることがわかった。

なんだよ一体、と思って手に取って、目に近づけてよく眺めてみる。

よく見て驚愕した。

なんとその丸い物体は、引きちぎられたスズメの頭部だったのだあああ!

いや〜ビックリした。なにしろスズメの頭なんて触ったこともないし、そんなのがあるっていう発想すらないから、その意外さにびっくりし、そしてやっぱり、スズメにはもうしわけないけれど、遺骸の頭部ですから、スプラッターなものもあるしね。

一体なにゆえ、こんなものを置いていくのか!?

あとで色々調べたところ、いつも食事をもらっている恩返しとして、ネコが自分が捕獲した獲物をお返しに送るということがたまにあんだそうだ。

そう。海苔子もいつもの食事にお返しに、自分が捕獲したスズメ頭を我が家にプレゼントしてくれたのである。

「つまらないものですが…」

海苔子にしてみれば、そういう気持ちだったのだろうが、つまらないもの以前に、これはビックリするものですよ、海苔子ちゃん!

ビックリしつつも、せっかくの海苔子のプレゼントだから、外出していた女房が帰ってきたら見せてやろうと、ラップに包んで保管しておいた。

そして数時間後に帰って来た女房に見せた。

「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

ものすごい悲鳴が部屋中に轟いた。

「捨てて、捨ててェェェェェェ!!」

海苔子にも、そしてスズメにも申し訳ないとは思いつつ捨てた。

それにしても海苔子って義理堅い女だよなぁ〜と、海苔子に対する想いは新たにあった。

しかし海苔子にしてみれば、このスズメの頭をウチに贈ったことで、

「ワタシはちゃんと義理を返しているんだから」

という気持ちだったのかもしれない。

その数日後、またとんでもないことをしてのけた。

外出から戻ってくると、海苔子とプーピーがちょうど食事をしているところだった。

しかし、よく見ると、ちょっとプーピーの体がいつもより大きく感じる。いや、大きいだけじゃなく、なにかいつもよりも毛の色が黒い気がする。

なんか変だよなァ〜と、視力の弱いオレは海苔子とプービーに近づいていった。

すると、そのプーピーだと思っていたネコは、プーピーじゃなく例のボスネコ・オオグロであった!

海苔子にしてみれば、

「オオグロの親分、アタシがちゃんと義理も欠かしてない家があるから、今度ゴハンに招待しますよ」

そんな気分だったのかもしれない。

ゴハンを食べ終わったオオグロは迫力満点でノッソリと帰っていった。

しかし、それ以降はやってこなかった。

海苔子と男と女の関係がこじれたんたのかもしれない…。

文/カーツさとう

カーツさとう
コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ギャングが我が家にやって来た!【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.14)

  • 連載

海苔子という女・母 (7.12)

黒猫の仔猫
  • 連載

自由に気ままに【森ネコ、ギャングを迎えて】 (6.26)

  • 連載

海苔子という女・義理 (6.17)

  • 連載

まさかの相棒出現!?【森ネコ、ギャングを迎えて】 (6.8)

  • 連載

ロイヤルカナン工場見学記【小林 希の地球ネコ旅 特別編】 (6.5)

  • 連載

怒る不動明王【森ネコ、ギャングを迎えて】 (5.26)

  • 連載

海苔子という魔性の女 (5.15)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る