TOP>連載 > 脱走ネコ・プーピー「ネコ界のせごどん」

  • 連載

脱走ネコ・プーピー「ネコ界のせごどん」

それも、ただそこに寝ていたというだけじゃない。オレの枕元にたたずみ、ジーッとオレの眼を見つめていたのである。

そのプーピーの瞳はオレに、こう語りかけていたかのようだった。

「まぁ気にしなさんなって」

ものすごい優しい眼であった。

「人間さ、長い人生、1回や2回、そんな失敗ありますよ」

そういってるかのようだった。

「だいたいアレでしょ? 誰かに危害を加えたとか、そういうことじゃないんでしょ?」

まぁそういわれてみればそうだねェ。

「ケガしたのは自分だけでしょ?」

まぁそうだけど。

「そんならいいじゃない! さ、もう起きて顔でも洗いなさいよ、二日酔いだろうから」

まぁ自分の都合のいいように解釈してるかもしれないけれど、本当にこの時のプーピーは、オレからズーッと視線を離さず、ただ語りかけるようにオレを見つめていたんですよね。

たしかに時々プーピーはオレの枕元で寝てたけど、そんな風にジーッとオレを見つめたことなんてなかったんですよね。

それがこの日に限って、オレも見つめてる。もう絶対に全部わかってるんだなぁ〜って思った。

そしてオレを励まそうとしてるんだなぁ〜って、勝手かもしれないけど思った。

その暖かい視線にオレは勇気づけられた。「よし起きる!」なんてプーピーに言って、一緒にベッドから出たもん。

その時、プーピーはオレにニコッと笑いかけながらベッドから降りたような気もしたんだよなァ〜。

それ以来、なにかプーピーには頭が上がらないというか、オレにとって「アニキ!」みたいな感じのネコになっていた。


↑アニキだけあって、裕次郎チックなサングラスもよく似合うのであった。

プーピー最大の思い出は、脱走よりも、実はこの朝の出来事である。

ありがとうねプーピー!
(次号、新章へ)

文/カーツさとう

カーツさとう
コラムニスト。グルメ、旅、エアライン、サブカル、サウナ、ネコ、釣りなど幅広いジャンルに精通しており、新聞、雑誌、ラジオなどで活躍中。独特の文体でファンも多い。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

海苔子という女・素質 (8.13)

  • 連載

だるまさんはころばない。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.11)

  • 連載

こふで、白目をむいて爆睡【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.30)

  • 連載

いきものを捨てる人の言い訳はいつも「自分の都合」。 (7.22)

  • 連載

夏休みは猫島満喫!田代島観光をプチ予習。 (7.18)

  • 連載

ギャングが我が家にやって来た!【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.14)

  • 連載

海苔子という女・母 (7.12)

黒猫の仔猫
  • 連載

自由に気ままに【森ネコ、ギャングを迎えて】 (6.26)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る