TOP>連載 > 脱走ネコのプーピー…そして光明

  • 連載

脱走ネコのプーピー…そして光明

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活を続け、そのうちの11匹をすでに高齢で看取った今、残りの一匹“ビッタ(19才・オス)”と暮らす中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の回顧録である。

第三十三回 脱走ネコ・プーピー そして光明

オスネコのプーピーが突発的な事故で家から出て行って行方不明になって、早くも4日ほどが過ぎた。

大食漢のプーピーのこと。きっと腹を空かせているだろうから、その音を聞けば絶対に反応するに違いないだろうと、ドライフードをビニール袋に入れたモノを持って上下に振りつつ、

「カサカサッ…カサカサッ!」と音を立てながら、近所を日夜探し回った。

『訪ねネコ』なんていうポスターも作って、家の回りの電信柱に貼りまくった。

できうる限りのことはなんでもした。

それでもプーピーは見つからない…。

毎晩夜になると、室内飼いにしていなかった昔のように、ベランダからひょっこりと顔を出して、

「ニャ〜」

なんて現れるんじゃないか? と思ってみたが、そんな淡い希望も、

「あ〜また来なかったか…」

と、朝になると必ず打ち砕かれた。

「ひょっとしてポスターに貼った写真のセレクトが悪かったんじゃないか?」

数枚貼らないで保存しておいた予備のポスターの写真を見てみる。


↑「こんな感じですよ、オレ!」

「でもプーピーっていったら、こんな顔してたんだよなァ〜」

と、今までやったことは決して間違ってないと、夫婦でお互いに勇気づけあったりした。

そんなこんなで1週間……。

「プーピーがいた!」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅!アンザ・ボレゴ砂漠州立公園 (1.27)

  • 連載

猫が死んでもう10年。その間、私は何をしてきたのか。 (1.24)

  • 連載

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

  • 連載

猫とキャンピングカーで旅はできるのか? (12.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る