TOP>連載 > 引っ越し騒動 ザ・プロフェッショナル【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

  • 連載

引っ越し騒動 ザ・プロフェッショナル【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】

この物語は、ここ30年でノラ出身のネコを12匹保護し、一緒に生活を続け、そのうちの11匹をすでに高齢で看取った今、残りの一匹“ビッタ(19才・オス)”と暮らす中年男の喜怒哀楽に満ちた日常の回顧録である。

第二十九回 引っ越し騒動 ザ・プロフェッショナル

引っ越し前夜、ネコたちを動物病院に預ける一大騒動はやっと終わった。

その後は、ほぼ徹夜で翌日の人間の引っ越し準備をした。

ハッキリいう。ネコ軍団の筆耕に比べ、人間の引っ越しは百倍楽だ!

逆にいうと、ネコ……特に何匹もいる時のネコの引っ越しは、人間の百倍大変だということである。

家財道具の、皿だのなんだと割れ物は割れないようにパッキングして段ボールに詰めて……なんていう作業も、ただ粛々とやればいいんだから。

頭も使わなけりゃ、気も使わない。ただただ体力をある程度使うだけである。当日にいたっては、もっと楽である。

若い引っ越し業者さんがやってきて、どんどんどんどん荷物を運んでくれた。

冷蔵庫だの洗濯機だの、タンスだの思い家具も、どんどんプロフェッショナルが運んでくれる。

一応オレも悪いからなんか手伝わなきゃ悪いと思って、

「なんて手伝うことありませんか?」

なんて言ってはみたら、

「あ、じゃあこれでも…」

なんてつって部屋の片隅に置いてあった、小物をしまって置いた小さな煎餅の箱かなんか渡された。

もう赤子でも持てるような重さの箱である。


↑このプーピーよりも数倍軽い箱であった…。「引っ越し、ご苦労さんでございます」(プーピー談)

しょうがないんで、その箱をトラックまで持っていった。

いや、20年以上前の話だけど、その小さな箱を、

「これでも…」っていわれたのは、今でもすごく覚えてるなァ〜。

あのさ、今はオレも55歳の初老のシジイだけどさ、当時はまだ30歳チョイの、今と比べりゃかもしれないけど若い時だからね。

「もうちょっと、なんか働かせてよ〜」って引っ越し業者の人に思ったけど、やっぱりオレみたいな引っ越しの素人が引っ越し現場でウロウロしてると邪魔なんだろうね。

それにハタと気付いて、あとは部屋から外に出て、トラックの横にポツンとたたずみ、なるべくなるべくプロの邪魔にならないようにしてましたよ。

それを追い返すとさ、今気付いた!

ペット専用引っ越し屋とかやったら儲かるんじゃないの? 新ビジネスとして。

と思って検索してみから、ペットタクシーの会社が引っ越し的なこともちょっとやってるくらいで、

「ウチはペットの引っ越し専門です!」って業者はあんまりないね。

あと、引っ越し業者がオプションでトラックの中にゲージを置いてくれる程度。

オレが言ってるのは、そんなんじゃないよ! ウチのネコみたいにさ、ゲージに入れなくて大変なネコとかも含めて、万全な対策をしてくるワケ。なんかワナとかね。

まぁ契約する前にしっかりとした打ち合わせをしてね。それで当日、スパッとゲージに入れちゃう、なにかとんでもないプロの技がある!!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

海苔子という魔性の女 (5.15)

  • 連載

昼寝を襲撃!【森ネコ、ギャングを迎えて】 (5.9)

  • 連載

ネコパークのネコ社会/石垣島・日本 (5.4)

  • 連載

初対面の一撃【森ネコ、ギャングを迎えて】 (4.30)

  • 連載

ハチワレ3兄妹のいるゲストハウス/石垣島・日本 (4.29)

  • 連載

脱走ネコ・プーピー「ネコ界のせごどん」 (4.25)

  • 連載

里親への道【森ネコ、ギャングを迎えて】 (4.20)

  • 連載

脱走ネコ・プーピー プーピーカムバック! (4.8)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る