TOP>連載 > 神の島で暮らすのんびりネコたち/久高島(沖縄)・日本【小林 希の地球ネコ旅】

  • 連載

神の島で暮らすのんびりネコたち/久高島(沖縄)・日本【小林 希の地球ネコ旅】

小林 希の地球ネコ旅


待合所の前の広場で出迎えてくれた甘えん坊さん

沖縄本島の東南、知念岬の沖に、神の島と呼ばれる久高島があります。周囲8キロの細長い島で、集落は港周辺にあるだけ。

本島からもフェリーで20分ほどなので、観光には半日あれば充分。宿泊施設はありますが、日帰りで訪れる人が多いです。

久高島は、琉球開闢の女神アマミキヨが久高島に舞い降り、琉球をつくったと言われているため、琉球の聖地です。

古来ノロと呼ばれる巫女のような存在である神女がいて、ニライカナイの神々に対して、重要な儀式や祭祀を執り行なっていました。

女性しか入れない聖域が島の中にいくつかあり、現在ノロは久高島にいませんが、一般の人が入れない場所が未だにあるのは事実。

なんともミステリアスな島ですが、実際に行くと、いたって長閑……、そして驚くほどネコが多くいます。

ミステリアスな神の島という先入観で、ネコの存在を神の使いのように感じてしまいます。

港から集落のほうへ坂を登っていくと、自転車の貸し出しをしている待ち合い所があり、その前の広場でもネコたちが来島者を出迎えてくれます。

想像以上に人なつこく、ちょっぴり瘦せているけど、うーんと、愛らしいです。

「こんにちは〜」と額をつんつんすると、気持ち良さそうに目を閉じて、ごろにゃ〜んとしてくれました。

さっそく自転車を借りて散策。

沖縄らしい石垣のつづく集落は異国の南の島みたい。ネコもそこかしこで姿を見せてくれます。


「んにゃ!? だれ?」と目があったネコさん


塀の上で居眠り中の茶トラさん

小雨が降ってきたので、散策の休憩もかねて、待ち合い所の横にある食堂でランチをすることにしました。

沖縄料理のゴーヤチャンプルを注文して、庭のほうを眺めると、「にゃーーん」と外から声が聞こえました。

ガラガラっと引き戸を開けると、茶トラの兄弟が仲良く一緒に雨宿り!

「あら〜〜仲良しだねえ」

「にゃ!?」

兄弟は、私がご飯をくれると思ったのでしょうか。小雨の中、とことこ近付いてきました。

「ご飯は〜〜〜?」

愛らしい顔を前にして、ご飯をあげられないのは心苦しいけれど、とても健康的な体をしているので、いつもここで美味しいご飯をもらっているのかな?

写真を撮っていたら、ゴーヤチャンプルが出来たようなので、茶トラ兄弟よりひと足はやく、ご飯をいただくことにしました。


茶トラ兄弟が仲良く雨宿り


私に気付くと、シュタッとやってきました


愛らしい顔で近付いてくる兄弟


ゴーヤチャンプルいただきます〜

お知らせ

日本の猫宿』(エクスナレッジ)新刊予約開始しました!

「猫で心とカラダを癒やす旅」

日本全国、北は北海道から南は奄美諸島まで、猫がおもてなしするオススメ宿30。宿で働く猫たちに癒やされ、旅の疲れを解消する。さらには元気をいただく。働くといっても、気まぐれで、客を選び、ほかに気が向けばいなくなることもしばしば……そんな猫たちと過ごせる日本全国の宿を紹介します。

◆地球を歩いて回って出会った世界の猫たちの写真を紹介するインスタグラムを始めました!
ぜひ、フォローしてください!
https://www.instagram.com/nyantravel/

n2

写真・文/小林 希(こばやしのぞみ)

1982年東京都出身。IT企業に7年勤め、退社したその日の夜から一眼レフを相棒に旅に出る。帰国後、その旅を綴った『恋する旅女、世界をゆくーー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎)でデビュー。現在も45か国以上を旅しながら執筆活動を続け、ネットやラジオ、雑誌などで活躍。近著に『女ふたり、台湾行ってきた。』(ダイヤモンド社)、『世界の美しい街の美しいネコ』(エクスナレッジ)、長期旅でオス化した著者が女を取り戻す挑戦の旅を綴った『恋する旅女、美容大国タイ・バンコクにいく!』(幻冬舎)など。http://nozomikobayashi.com/instagram/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

一生、ネコからは離れられない運命? (2.15)

  • 連載

脱走ネコ・プーピー ビニールと修行僧【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (2.10)

  • 連載

脱走ネコのプーピーはどこに?【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.25)

  • 連載

荷物番をする猫がいる島を訪ねて (1.23)

  • 連載

猫の楽園で、猫パワーチャージ! (1.13)

  • 連載

僕の名前はスティービー【僕、産まれるときに目を忘れちゃった】 (1.11)

  • 連載

ネコの楽園へ行く前に寄りたい猫喫茶店 (1.8)

  • 連載

脱走ネコのプーピー【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.2)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る