TOP>連載 > 「♯僕らの居場所は言わにゃいで」をご存知ですか? タグに込められた野良猫への想い

  • 連載

「♯僕らの居場所は言わにゃいで」をご存知ですか? タグに込められた野良猫への想い

「我が家の猫はクッキーを除いてすべて野良猫あるいは捨て猫です。みんな行く場所がないとか治療のためとか勝手に上がり込んで居座った…など、成り行きで家族になった子ばかり。ですが、みんな大切な家族です」

もともとは猫が苦手だったそうですが、家族が増えるにつれ、猫好きになったという末吉さん。その魅力を聞いてみると。。。

「決して忠実ではない、御することのできない気まぐれな性格でありながら、人が疲れて落ち込んでいると巧みに空気を読むところが面白いと感じています。まるで猫を装った小さい人間ではないかと思うこともしばしば」

–では、外猫の魅力は?

「外猫には外猫のルールがあり、家猫とのコミュニケーションとはまったく違うんです。警戒心の強い野良猫が徐々に心を開いてくると表情も変わってきます。その変化は普段私がやっている仕事で初対面の方を撮影するのと似ていて、いいなと思う写真が撮れた時は、良いコミュニケーションがとれたと実感します」

そんな末吉さんの行動をきっかけに始まった、外猫たちの暮らしを静かに見守っていこうという取り組み。今後の展望についてお聞きしました。

「一時的な話題で終わらないように今後も多くのチャネルを活用して周知していきたいです。その一環として野良猫だけに絞った写真展「野良猫物語展」を昨年春に開催しました。可愛いくほのぼのする写真から厳しい現実を写し撮った作品まで、野良猫を取り巻く世界のグラデーションを表現したことで多くの方にご来場いただきました。今後も写真展を開催すると共に今まで声の届かなかった所へタグの周知を拡げていきたいです」

末吉弦太さんのインスタグラム

ツイッター

取材・文/太田ポーシャ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅!アンザ・ボレゴ砂漠州立公園 (1.27)

  • 連載

猫が死んでもう10年。その間、私は何をしてきたのか。 (1.24)

  • 連載

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

  • 連載

猫とキャンピングカーで旅はできるのか? (12.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る