TOP>連載 > 金魚屋さんを守る店員猫たち/香港・中国【小林 希の地球ネコ旅】

  • 連載

金魚屋さんを守る店員猫たち/香港・中国【小林 希の地球ネコ旅】

小林 希の地球ネコ旅

日本から約4時間、週末に香港を旅していたとき、幸運に路上で猫と出会うこともできましたが、ここに行けば必ず猫に出会えるという、「猫がもっとも多いスポット」を、地元の人が教えてくれました。

そこは、金魚街。

名前のとおり、金魚をはじめ、多種多様の観賞用の魚が売られています。なかには、カメやカエルなど両生類や爬虫類も。金魚スポットなるものが香港に存在するのは、「縁起がいい」からだそうです。

金魚は風水的に金運をよび、幸運をもたらす存在として、各家庭やお店などで観賞用として飼われています。

そこに猫が?

魚を食べてしまいそうな猫ですが、それゆえ魚を狙う猫たちがいるということ?

そんなハテナを浮かべながらも、MTRに乗って、「太子駅」で降りて、とことこ向かってみました。

それはもう、びっくり。

お祭りなどの金魚すくいで、とった金魚をビニール袋に入れてもらって、家に持って帰ったことはありますか?

水の入ったビニール袋のなかに、金魚をはじめ、さまざまな魚が泳いでいて、売られています。

さすがに、ここに猫はいないな〜なんて、向かいのお店をのぞくと……、いました、猫店長。水槽がずらっと並んで、朱色の金魚が悠々と泳いでいます。

「いらっしゃい。まあ、なかに入りにゃよ」

という感じで、誘わたつもりでなかに入ると、猫店員が、水槽の下の棚で休憩中。

さながら、猫店員たちは、金魚の状態チェックや不審な客がいないか観察しているかのよう。


ふらっと入った店にいた猫店長


「金魚を守る猫店長」の図


こっそり怠け中の店員猫も?

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅!アンザ・ボレゴ砂漠州立公園 (1.27)

  • 連載

猫が死んでもう10年。その間、私は何をしてきたのか。 (1.24)

  • 連載

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

  • 連載

猫とキャンピングカーで旅はできるのか? (12.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る