TOP>連載 > 僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.3)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.3)

「猫同士って目力でどっちが強いか威嚇し合うじゃないですか、それがスティービーにはまったく通用しないですよね。だって目がないんだもん」と杏殊さん。まるで座頭市のようにスティービーは強し。

そしていろんな事に興味津々。ちょっとした音にも反応し、なんだろう?なんだろう?と様子を見に行ってみたりと、とにかく好奇心も旺盛。


たまに壁にぶち当たるときもあるけれど…

そんなスティービーにも妹ができた。名前はサビ猫の「和錆び」。スティービーが捨てられていた場所にノラさんとして生まれ育った子。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅!アンザ・ボレゴ砂漠州立公園 (1.27)

  • 連載

猫が死んでもう10年。その間、私は何をしてきたのか。 (1.24)

  • 連載

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

  • 連載

猫とキャンピングカーで旅はできるのか? (12.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る