TOP>連載 > 僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2)

日中は目の届くところで自由にさせながらも3時間おきに裕子さんと杏殊さん母娘がトイレトレーニングを担当。杖で床をコツコツと音をたてながら、それを頼りにスティービーをトイレまで誘導。そして夜はご主人の達也さんが3時間おきに、スティービーが寝床にしているゲージまで足を運び「トントン、スティービー、オシッコはどうですか?」と起こして、同じように杖で床をコツコツと音をたてながら、それを頼りにスティービーをトイレまで誘導していく。

こうしてトイレの場所を音と感覚で根気よく繰り返し教え、そろそろ覚えたかな?と思っても、気がつくと布団の上でオシッコやウンチをしてしまっていたり、ウンチに顔を擦り付けてしまったりと「まだダメかぁ…」と振り出しに戻ることもしばし。わかっていても先が見えないのはとても不安ですよね。

しかし、約2週間経ったある夜、達也さんがいつものように誘導する杖をスティービーが追い抜きトイレに走り込んだ。まだまだ不安は残るがトレーニングの成果が見えてきた瞬間だ。その後も杖を追い抜くことが増え、3週間が経とうとした頃には完璧にひとりで行けるようになり、粗相もピタッとなくなった。それでも心配な達也さんは夜中に何度かスティービーを起こして、しばらくトイレ誘導を続けたという。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅!アンザ・ボレゴ砂漠州立公園 (1.27)

  • 連載

猫が死んでもう10年。その間、私は何をしてきたのか。 (1.24)

  • 連載

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

  • 連載

猫とキャンピングカーで旅はできるのか? (12.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る