TOP>連載 > 僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2)

  • 連載

僕、産まれるときに目を忘れちゃった(vol.2)

僕できるよ!

偶然が導いた奇跡的な縁で、石堂家の住民になった(※①偶然が導いた奇跡の「縁」を読んでね)盲目の猫スティービー。目が見えないと言うことはオシッコやウンチをどうするのだろう…。見えないのだから、当然トイレの場所を見て確認することもできないわけで、家族として家の中で過ごすには不安があるのでは?と疑問に思った。

もちろん石堂家でもそこは最大の課題だったという。「排泄がきちんとできるようになるまでは大変でしたね。布団は3枚ぐらい捨てましたよ」と奥様の裕子さんは当時を振り返る。

そんなスティービー、家に連れて来るとすぐに「僕できるよ!」って顔をしながら、教えてもいないのにトイレに入りオシッコとウンチをしたそうだ。すごくビックリして「もしかしたらこの子は天才?と思ったけれど、それは1回きりでその後はダメダメだったんですけどね」と一筋縄ではいかなかったようだ。

しかし、今は何カ所か設けてある猫トイレを使い問題なく排泄できている。それができるようになったのは、ひとことで言うと、ご家族のスティービーに対する波並々ならぬ「愛」。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

  • 連載

猫とキャンピングカーで旅はできるのか? (12.16)

  • 連載

猫と上手に遊ぶ方法を獣医師が伝授! (11.24)

  • 連載

猫に効果的なダイエット方法とは? (10.21)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る