TOP>連載 > 【ねこのはてな】飼い猫の大好物は知っておくべき
  • 連載

【ねこのはてな】飼い猫の大好物は知っておくべき

飼い猫の大好物は知っておくべき

人の健康ブームに合わせて、飼い猫の健康を気にする人も増えているようですね。ペットフードなども「オーガニック」や「自然食」といった言葉が目立つようになりました。中には、猫の体に良いもの以外は与えたくない、と徹底している飼い主さんもいるようです。

もちろん、大切な猫に健康で長生きしてもらうために工夫することは悪いことではありません。ただ、猫の大好物を知っておくと、もしも、のときに役立つかもしれません。健康第一は当たり前ですが、何げない日常の中で、「うちのコ」がどんな食べ物が好きなのかいろいろ試して知っておくことはとても大切で、その好物を探す行為も猫との楽しいコミュニケーションの一つだというお話を今回はしたいと思います。

「あなたの猫の大好物は何ですか?」

そう聞かれたときに思い浮かべるものはありますか? 液体状のおやつ、猫缶、にぼし、チーズなど即答できた人、「猫には総合栄養食のキャットフードしか与えていないのでわかりません」という人、どちらもいると思います。中には野菜が好き、無糖ヨーグルトが好きなど、変わった好みを持っている猫ちゃんもいるかもしれません。

ちなみに、うちの猫(オス/7歳)は、白いご飯が大好き。ガスコンロでご飯を炊いたときに、鍋の周りに吹きこぼれたパリパリっとした部分も大好きで、ご飯を炊くと周りをうろうろして、隙を見てはお鍋に顔を突っ込もうとしています。ほかにも、液体状のおやつなど好きなものがたくさんあります。

家出をしてしまったときは大好物の香りで呼び寄せる

例えば、猫が家出をしてしまったとき。普段は外に出していない猫でも、窓の隙間から、来客の際にドアから出てしまったことや、マンションの隣の家のベランダにお邪魔してしまう、動物病院に行く際にキャリーケースから逃げ出してしまうなど、思わぬことから、猫の捜索隊を結成する羽目になることもあります。

そんなときに、活躍するのが大好物。猫が脱走した場合は、近くの物陰に身を潜めていることが多いので猫の大好物の匂いを振りまくことで、猫が香りにつられて戻ってくることがあります。こういった一大事のときは、猫の大好物を知っておくことが大きなポイントになります。

体調が悪くてご飯が食べれず、少しでも食べて体力をつけてほしいときに
体調が悪く、普段の食事を全く食べないときも、大好物が役に立つことがあります。もちろん、猫の体に異変が起こったら、すぐに動物病院に連れて行くことが大前提ですが、特に問題がなかったときは、少しでも食べて体力をつけてほしいと思いますよね。

私たちも幼い頃に、風邪を引いて何も食べられないというときに、親にプリンやアイス、ヨーグルトなど大好物をもらった経験、ありますよね?

また老衰、手の施しようのない病気などで、日に日に体力が落ちていき普通のご飯が食べられなくなってしまったときも、もしかしたら、大好物には反応してくれるかもしれません。そのときに、猫の大好物を知っていて、食べさせてあげられることで、猫とコミュニケーションが取れたとしたら、飼い主にとっても心のよりどころになるのではないでしょうか?

もちろん、大好物だからといって、何でも与えていいわけではありません。中には中毒を引き起こすような猫の体に害になる食べ物もあるので、注意が必要です。けれど、猫の体に特に害がないものなら、大好物は猫とのコミュニケーションづくりにとても役立つものではないでしょうか。

番外編 何で猫ってオリーブオイルやバターが好きなの?

料理で使ったフライパンをガスコンロに放置しておいたら、いつの間にやら猫が舐めていた……という場面に遭遇したことがある人は少なくないはず。また、朝食のトーストと一緒に出しているバターも気が付いたらペロペロ……なんてことも。

これって、実は「ビタミンA・D」を摂取するためという理由があるのだそう。肉食動物は、獲物をとらえたら真っ先にビタミンやミネラルが豊富な「肝臓」を食べるのだそう。肝臓には油分が多く蓄積されています。だから、猫は「油には、自分たちの必要な栄養素があるにゃ」と知っているそうなんです。猫って、賢い!

オリーブオイルやバターは猫の体に良い効果も?

また、オリーブオイルやバターは猫の便秘の予防や解消に役立つという説もあります。オリーブオイルやバターに含まれる油分が、お腹を刺激して便の滑りをよくする効果があるのだとか。特にオリーブオイルは、主成分であるオレイン酸が腸を刺激して排便を促す働きがあるため、適量を毎日与えている飼い主さんもいるようです。

ただ、バターと一言で言っても、無塩バターでなければ塩分も多く、塩分過多になってしまいます。オリーブオイルにしても摂取のし過ぎは、猫の体に大きな負担をかけることにもなりかねません。また、オリーブオイルにも様々な種類があるので、注意が必要です。

ちょっと舐めてしまったくらいであれば、経過観察でよいようですが、大量に飲んでしまった場合は、かかりつけ医に相談を。また、便秘気味の猫ちゃんに油を与える際も、かかりつけ医に相談をして量やあげる回数などをしっかり管理する必要があります。

何気ない日常の中で猫の大好物を探すこと。それ自体も、猫と今よりも親密になれる第一歩です。「あなたの猫の大好物はなんですか?」。この質問に答えられる飼い主になることを目指して、猫との生活を楽しみましょう。

文/佐藤玲美

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)

ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

引っ越し騒動。当時の不動産ペット状況とは?【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (9.17)

  • 連載

「ペットロス」という軽い言葉が大嫌いだ。 (9.15)

  • 連載

第二十二回 引っ越し騒動 運命の出会い【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (9.3)

  • 連載

我が家の暑さ対策【犬猫家族】 (8.29)

  • 連載

第二十一回 腸弱の貴公子タックン そして逃亡者【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (8.20)

  • 連載

神の島で暮らすのんびりネコたち/久高島(沖縄)・日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.18)

  • 連載

ペットの死について本気で考えてみた。 (8.18)

  • 連載

やちむん通りはネコに当たる道!/沖縄・ 日本【小林 希の地球ネコ旅】 (8.17)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る