TOP>連載 > 【ねこのはてな】世界一小さな猫種ってにゃ〜んだ?
  • 連載

【ねこのはてな】世界一小さな猫種ってにゃ〜んだ?

猫には、色々な猫種がいます。ふと、世界最小の猫ってどんな猫種なのか、気になってしまったので、調べてみました。実は何年か前に、最少猫種記録を塗り替えた猫種がいるらしく……。これは、猫の雑学として知っておくと、猫好きにモテるポイントになるかもしれません!


シンガプーラのクレちゃん

長らく世界一小さな猫として認定されてきた「シンガプーラ」

まず、ご紹介するのは、シンガプーラ。長らく世界最小猫種としてWCF(ワールドキャットファンデーション)で認定された猫種です。シンガプーラという名前の通り、シンガポールが原産で1974年にアメリカ人夫婦が発見したのが最初なのだそうです。シンガポールの下水溝でネズミを取りながら生活をしていたので、シンガポールでは「ドレイン(下水溝という意味)キャット」とも呼ばれているんだとか。

そこで、シンガポール在住の猫友さんにLINEを送り「シンガポールでは、地域猫シンガプーラがたくさんいるのか」を聞いたところ、「日本の猫と同じような猫が多い」という返事が戻ってまいりました。今は、ドレイン(排水溝)には、いらっしゃらないようです。

シンガポールの地域猫さんの写真。日本にいる猫ちゃんと似ていますね。シティの地域猫さん達はとても人懐こいそうです。※写真はシンガプーラではありません。

そんなシンガプーラですが、最近では、シンガポールの観光マスコットに認定されること愛されているんだそうです。成猫でオスは2.7~3.5キロ、メスは2.2~3.0キロと、比較的小さいので「小さな妖精」と呼ばれることもあるんですって。

美しい毛色に華奢な体躯という可愛い容姿はもちろん、とても人懐っこい性格のコが多いのもシンガプーラの特徴なのだそうです。

現在の世界最小猫種は、スキフトイボブテイル!

現在、家庭で飼育できる猫種の中の世界最小猫として認定されているのが、スキフトイボブテイル。元々、頭数が少なかったため、猫種として認められていなかったのですが、2011年にWFCで猫種として認められ、世界で一番小さい猫の称号を勝ち取ったそうです。日本に入ってきたのは2012年のことだとか。

成猫のオスが2キロ程度、メスが1.7キロ程度にしかならず、短い胴体の割には肩幅が広く、分厚い胸で、短い尾っぽが特徴なんだそう。人間好きな性格で、環境の変化にも早く慣れることができ、比較的、飼いやすい猫種と言われているのだそうです。

世界最小の猫種、いかがでしたか? スキフトイボブテイルは、日本ではまだまだ知る人ぞ知るな、猫種なので、雑学として知っておくとみんなに自慢できるかもしれません。

動画「Toybob kitten Tease」
スキフトイボブテイルの子猫が戯れる様子。海外ではToybob(トイボブ)と呼ばれているそうです。

※この記事は各方面の情報集約はもちろんですが、私、猫オーナーとしての親バカ、猫バカな個人的視点も含まれております。ご了承ください。

文/佐藤玲美

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅!アンザ・ボレゴ砂漠州立公園 (1.27)

  • 連載

猫が死んでもう10年。その間、私は何をしてきたのか。 (1.24)

  • 連載

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

  • 連載

猫とキャンピングカーで旅はできるのか? (12.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る