TOP>連載 > 【ねこのはてな】サマーカットのメリットとデメリット
  • 連載

【ねこのはてな】サマーカットのメリットとデメリット

30度越えする真夏日もちらほらでてきた日本列島。猫の飼い主の皆さん、いかがお過ごしですか? この季節になると、SNSなどでよく見かけるようになるのが「長毛種の猫のサマーカット」。気品漂うモフモフ猫の丸刈り姿は、本人がどう思っているのかは別として思わず笑ってしまう可愛さです。

最近は、短毛種の猫もサマーカットに挑戦することもあるそう。ただ、このサマーカット、本当に必要なの? という疑問もあるようです。そこで、猫のサマーカットのメリットとデメリットを調べてみました。


本人はライオンになったつもりでも、なぜかユーモラス……なサマーカットにゃんこ。

とにもかくにも暑い夏。そして湿度のせいで、人間の不快指数もかなり高め。猫の祖先は、砂漠生まれだから暑さに強く寒さに弱いイメージですよね。♪猫はこたつで丸くなる♪なんて歌詞もあるくらいです。けれど、砂漠は湿度が低いこともあり、猫は湿度には弱い動物なんだそうです。夏場は扇風機やクーラーといった風のあたる場所が猫の定位置になっているというご家庭も多いですよね。つまり、暑さには強いけど、湿度が高いのはお手上げだニャン、というわけです。人間だって丸刈りにしたくなる真夏日が続くなら、猫だって……というのが親心ならぬ、飼い主心です。

サマーカットのメリットとは?

猫の毛には、夏毛と冬毛があり、暖かくなると通気性の良い夏毛に生え変わります。けれど、夏毛になったからといって、日本の猛暑&湿度では、暑さが解消され快適に過ごせるわけではないのだそう。

毛玉になりやすい長毛種の場合は、サマーカットをすれば、毛玉の悩みが解消されるし、グルーミングで飲み込む毛の量も減ることになるので、毛玉をよく吐く猫の場合は回数を減らすこともできるそうです。またシャンプーをする猫の場合は、シャンプーの回数も減らすことができるし、ドライヤーの音によるストレスからも解放してあげることができそうです。

また、湿度が高くなると皮膚が蒸れて皮膚炎を起こすこともあるのだそう。毛を短くすることで、皮膚の様子も観察しやすくなり、猫の皮膚の健康管理などもしやすくなるといえるのだそうです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

脱走ネコ・プーピー 接近遭遇 (3.12)

  • 連載

人の膝の上を移動する猫団子隊/竹富島・日本 (3.3)

  • 連載

脱走ネコのプーピー…そして光明 (3.1)

  • 連載

一生、ネコからは離れられない運命? (2.15)

  • 連載

脱走ネコ・プーピー ビニールと修行僧【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (2.10)

  • 連載

脱走ネコのプーピーはどこに?【カーツさとうの保護猫!日々猫!介護猫!】 (1.25)

  • 連載

荷物番をする猫がいる島を訪ねて (1.23)

  • 連載

猫の楽園で、猫パワーチャージ! (1.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る