TOP>連載 > 【地球ネコ旅】釣った魚をどうしても食べたい猫/イスタンブール・トルコ

  • 連載

【地球ネコ旅】釣った魚をどうしても食べたい猫/イスタンブール・トルコ

小林 希の地球ネコ旅

イスタンブールは本当に猫の多い街です。旧市街も新市街も、とにかくトルコ人は猫に優しく、ご飯の残り物なんかは猫用に持って行く場所(小屋のような所)があるほど。

その理由を「そりゃあ、神の預言者ムハンマドが猫好きだからさ」とタクシーの運転手があっけらかんと教えてくれたときに、ようやく、なるほどと納得した気がしました。真実なのかはわかりませんが。

そして、イスタンブールの新市街にあるオルタキョイに行ったときのこと。この辺りは、ボスポラス海峡沿いなので、釣りをしているトルコ人がわんさかいるのです。

となると、魚好きなのは人間だけではなくて、にゃんこたちも。釣り人の後ろで「その瞬間」をずっと待ち続ける猫もいれば、ずっと物陰にいて、「その瞬間」だけ現れる猫も。ふと、ぷらぷら歩いていると、前方にバケツを覗く黒白猫がおりました。

01
バケツの中を覗き込む猫と、その後ろで「仕方ないなあ」と見つめるだけのやさしいトルコ人

02
近づくと、やはり……。笑

黒白猫のお目当ては、もちろん釣られた魚。魚に集中して、私にも気付かないよう!?もちろん、後方で、「やれやれ、仕方ないなあ」と見つめるだけのおじさんにバレているとも知らず、しまいには長い舌をびろ〜んと出してみたりして。
魚は知らん顔してバケツの中をくるくる泳ぎ続けます。

それを見続ける猫。さあ、いつまで続くのかしら?

と、そのとき、ようやく私に気付き、「あ、いつから見てたにょ?」というような顔をしていました。いやいや、その魚を釣ったおじさんにもバレてるのよ、と教えてあげようかと思いました。

でもきっと、おじさんは、「まあいいさ、神様が愛した猫だから」と優しく答えるのでしょう。

03
舌が届かないにゃ〜〜〜

04
ちょっと気まずそう?な猫くん

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

私が仕事をしていると、そのモノの上にのってきます。 (5.12)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“食” (5.7)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“老” (4.13)

  • 連載

そとあるいてるニンゲンすくないにゃ【森ネコ、ギャングを迎えて】 (4.11)

  • 連載

ある日、ギャングが子分を連れてご飯の催促にきた。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (3.20)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“臭” (2.15)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“理由ある犯行” (2.11)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“異変” (1.22)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る