TOP>連載 > 【地球ネコ旅】黄、青、緑と美しいネコ目を愛でる/リマ・ペルー

  • 連載

【地球ネコ旅】黄、青、緑と美しいネコ目を愛でる/リマ・ペルー

PETomorrow(ペットゥモロー)】

小林 希の地球ネコ旅

世界を旅するようになって、ネコの魅力にどんどん吸い寄せられ、気付けばネコの写真ばかりを撮るようになっていました。

ネコの孤高で自由な生き方に惹かれただけでなく、見るからに美しい肢体のフォルムやなめらかな毛、アーモンドのような瞳、ぷにぷにの肉球、ぴくぴく動く耳など、愛らしいパーツに惚れてしまったのです。

そして、世界でまったく同じ柄のネコがいないということに気付いたのは、ペルーを旅しているときでした。さまざまな柄のネコを一同に見て、彼らの一生に一度だけ与えられた服のように、一生その柄でたくましく生きるネコを心底素敵だなあと思ったのです。

ペルーの首都リマにある新市街のミラフローレス地区には、中央公園とケネディ公園がありますが、そこはリマでも有名なネコの楽園。そう、ネコの保護区のようになっていて、数え切れないほどのネコがご飯をもらいながら暮らしています。

この公園で出会うネコたちは、実にさまざまな柄をしていました。捨て猫や野良猫の保護区のようになっていて、血縁関係のなさそうなネコたちが一緒に暮らしています。

そのネコたちを写真に撮っていると、美しい宝石のようなネコの目は右目が黄色で左目が青色のオッドアイ。それからはネコの目に釘付けになってしまいました。

01
ミラフローレス地区の中央公園はネコ・パラダイス

02
公園内のお花の中に隠れるオッドアイの美しいネコ

キジトラの黄色目をはじめ、ハチワレ黒白ネコがブルーの目をしていたり、白猫がビー玉のようなスカイブルーの目だったり、白茶トラネコがグリーンの目だったり、さまざまな色のキャット・アイに惚れ惚れとしてしまいました。

ぜひ写真でご覧いただきたと思います。

03
キジトラの黄色目はよく見かけます

04
ブルーアイが美しいハチワレネコは珍しいです

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“臭” (2.15)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“理由ある犯行” (2.11)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“異変” (1.22)

  • 連載

世界一好きなもの。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (1.21)

  • 連載

よく食べて、よく寝る。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (1.20)

  • 連載

「ここからはがせます」の穴をのぞいてみると。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (12.24)

  • 連載

とりあえず、入りたい【森ネコ、ギャングを迎えて】 (11.30)

  • 連載

おれちんの好きな場所!【森ネコ、ギャングを迎えて】 (11.20)

もっと見る

注目のグッズ

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ファン待望!「俺、つしま」グッズ3選

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る