TOP>連載 > 【地球ネコ旅】五島列島B&Bの猫宿を訪問!/若松島・長崎

  • 連載

【地球ネコ旅】五島列島B&Bの猫宿を訪問!/若松島・長崎

PETomorrow(ペットゥモロー)】

小林 希の地球ネコ旅

五島列島を旅している時、若松島という五島列島のちょうど真ん中に位置する島に滞在しました。民宿えび屋に泊まり、新鮮な地元の海の幸をたらふくいただき、翌朝、えび屋周辺の道をうろうろお散歩して、人も猫もいない静かな世界に、木々や潮風の自然の匂いがすっと鼻に届き、なんて幸福な朝なんだろうと思っていたところ……。

突然、後ろからものすごい勢いで歩いてくる女性がいました。どうやら、早朝の運動なのか、競歩のようなスピードで私に追いつきました。お年60歳くらいと見受けられるハツラツとした方で、初めから決めていたかのようにすんなりと声をかけられました。

「おはようさん! あなた、どこから来たの?」

「東京です」

「あら〜。宿は、どこ?」

「すぐそこのえび屋さんです」

というと、ああ〜とうなずいてから名刺を取り出して、

「あのね、うちね、五島列島B&Bって、民泊やってるのよ」

となんだかとても楽しそうにお話をしてくれました。どうやら、体験型民泊といって、地元の漁師さんや農家さんのご自宅に泊まらせていただきながら、漁体験や農業体験ができるのだそう。彼女は数軒の民泊先をとりまとめるオーナーで、彼女のご自宅でも民泊の受け入れをしているのだとか。

「民泊だったら、猫ちゃんがいるおうちもあるんですか?」

「あ! いるいる。猫がいっぱいいる民泊先あるよ。見にくる?」

穏やかな島では日常茶飯事なのだと感じてきた、人と人の距離感の近さ。「おはよう」と挨拶して、ちょっとお話したらもう、「うちにお茶飲みにきなさいよ」と誘ってくれる。この近さに慣れると、もう島旅にどっぷりと浸かってしまうのですが。

さて、そういう流れで、私のレンタカーにおばちゃんをのせ、彼女の指示通りに道を走り、やがて着いたのは木々の茂みの中に、秘密基地のようにある一軒家。

お、家の中から外を覗く猫がいました!

01
猫のいる民泊先の方と、案内してくれたおばさま

02
窓から外を観察する目のするどい猫

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

猫と行くキャンピングカーの旅!アンザ・ボレゴ砂漠州立公園 (1.27)

  • 連載

猫が死んでもう10年。その間、私は何をしてきたのか。 (1.24)

  • 連載

キャンプで超役立つ「猫グッズ」を紹介! (1.19)

  • 連載

猫とキャンピングカーで旅はできるのか? (12.16)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る