TOP>連載 > 【もういっかいニャニャコ】何かが見える猫

  • 連載

【もういっかいニャニャコ】何かが見える猫

PETomorrow(ペットゥモロー)】

短期集中連載《全10回》
もういっかいニャニャコ(5

何かが見える猫

猫が考えてることなんか、おそろしいくらいにわからない。

その昔、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』というホラー映画が大ヒットした。ネタバレご容赦だが、まったく幽霊など出てこないのにやたら怖いその映画のラストは、主要人物の一人が、壁に向かってただ立っている姿が映し出されていた。何がそうさせたのか。

それはわからないが、もっとわからないのは、彼だ。

何だ。何が見えているのだ。何かいるのかそこに。

猫と(もしくは犬と)暮らすメリットのひとつは、「見えない怖いものがいたら、先に気づいてくれそう」だが(異論は認めない)、その見えないものをじっと見てたら、そっちのほうが怖いじゃないか。

 

文/松久 淳
1968年、東京都生まれ。主著に、松久淳+田中渉名義で「天国の本屋」「ラブコメ」など。個人名義で「マリコはたいへん!」「どうでもいい歌」などの作品がある。

スクリーンショット 2016-05-09 14.38.17

『もういっかい彼女』(松久淳・著、小学館刊)
全国の書店員投票で表紙猫を決めた、大人切ないタイムスリップ号泣ストーリー。5月25日頃発売予定。
http://www.amazon.co.jp/dp/4093864411

配信サイト:「ペットゥモロー」
https://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

「なんかくれくれくれくれ!」ウルトラ問題児ビッタの“漁” (6.9)

  • 連載

私が仕事をしていると、そのモノの上にのってきます。 (5.12)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“食” (5.7)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“老” (4.13)

  • 連載

そとあるいてるニンゲンすくないにゃ【森ネコ、ギャングを迎えて】 (4.11)

  • 連載

ある日、ギャングが子分を連れてご飯の催促にきた。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (3.20)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“臭” (2.15)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“理由ある犯行” (2.11)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る