TOP>連載 > 【地球ネコ旅】鉛筆型の家並みと働き者の看板猫/アルベロベッロ・イタリア

  • 連載

【地球ネコ旅】鉛筆型の家並みと働き者の看板猫/アルベロベッロ・イタリア

PETomorrow(ペットゥモロー)】

小林 希の地球ネコ旅

南イタリアでもっとも可愛らしい建築をした家並みがあると聞き、アルベロベッロという舌を巻きそうな名前の街へ列車で向かいました。

想像よりもずっと小さな街で、真っ白なトゥルッリと呼ばれる鉛筆型の家々は、おとぎの国の世界で作られたように可愛いけれど、実際は夏は涼しく冬はあたかくなるような家の作りで、この土地特異の建築技法らしいです。

そしてこの街の魅力は猫が多いことです。

01
トゥルッリの家並みと土産物屋の看板猫

02
しっかり入り口にたって、お客さんを呼び込むにゃん

トゥルッリの家並みがある小さな地区は1時間もあればほぼ歩き終わるけれど、その間に出くわす猫たちはいっぱい。店の中、店先、トゥルッリ屋根の上、花壇の後ろ……ちょっと目を凝らすと、猫のシッポや耳がひょっこり見えます。皆のんびりとマイペース。

でも、時にシエスタ中の主人に変わって、店先で看板猫をしている働き者もいます。そうして、ちゃんと夕方になって、ご褒美にご飯をもらっていました。

03
夕方、ご褒美をもらえるんだにゃ

04
今日はたくさん働いたから、もっとご飯ほしいにゃん

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

参りました。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (9.5)

  • 連載

天下無敵の母親失格。海苔子という女・別離 (8.28)

  • 連載

ぼくはまいにちとってもいそがしいです。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.23)

  • 連載

海苔子という女・素質 (8.13)

  • 連載

だるまさんはころばない。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.11)

  • 連載

こふで、白目をむいて爆睡【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.30)

  • 連載

いきものを捨てる人の言い訳はいつも「自分の都合」。 (7.22)

  • 連載

夏休みは猫島満喫!田代島観光をプチ予習。 (7.18)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る